お酒と肝臓の関係って?

タグ: , , 2022/9/1

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 お酒を飲み過ぎると肝臓に悪いというのは何となく皆さんも知っているかと思います。

では、実際にお酒を飲み過ぎてしまうと肝臓にどのような影響を与えてしまうのでしょうか?

アルコールをとりすぎると、脂肪酸から中性脂肪が大量に合成されて肝臓の細胞に蓄積されるため、脂肪肝が起こりやすくなると言われています。

また、余分な中性脂肪はさらに血液中にも流れ込み、高脂血症や動脈硬化の原因ともなるそうです。

脂肪肝の状態をほうっておくと、アルコールが分解されるときに発生する毒性物質のアセトアルデヒドや活性酸素によって、次第に肝臓の細胞が壊され、「肝硬変」へ…

さらに放置していると「肝不全」や「肝がん」にもなりかねないと言われています。

【関連記事】「夜間低血糖」を知ってますか? 飲酒時に気を付けたいあの症状とは





「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧