栄養士がセレクト!ダイエット時に選ぶお酒とは

タグ: , , 2021/8/1

 ダイエット中はお酒を控えた方が良いとわかってはいても、お仕事の付き合いで飲み会が多い、ついつい飲み過ぎてしまう、お酒が好きなので我慢するとストレスを感じてしまう…など、「飲まない」という選択ができない方も多いのでは。

お酒は飲むけれど低カロリーにしたい方へ、おすすめをご紹介します。

・今すぐ読みたい→
【医師が解説】ビール腹は◯◯でみるみる大きくなる!?本当の原因と解消法 https://cocokara-next.com/fitness/cause-of-beer-belly/

おすすめのお酒セレクト5


1.ワインはビールより低糖質
実はワインはビールより低糖質。100gあたりの糖質量は、ビールが3.1gに対し、赤ワインは1.5g、白ワインは2.0gです。(※1)糖質量が少なめでアルコール度数は9~14%のため、100gあたりのカロリーは74kcalほどとなり、ビールを飲み続けるよりはカロリーを抑えられます。また、赤ワインの場合は100g中に110mg、白ワインの場合は60mgのカリウムを含んでおり、他のビールや日本酒よりも豊富です。(※1)

2.ビールはトマトジュースで割って
 でもやっぱりビールが好き!という方は、1杯目だけはビールにし、レッドアイはいかがですか。レッドアイというカクテルはビールをトマトジュースで割って作るので、アルコールも薄まる他、トマトに含まれる抗酸化成分リコピンを摂ることもできます。黒ビールやスタウトは、普通のビールよりもカロリーが高いのでダイエット中は控えた方が賢明です。

3.ウイスキーは人気のハイボールで
 蒸留酒のウイスキーは、糖類0ですが、アルコール度数は平均40%ほど含むので、100mlあたり237kcalです。(※1)水割りやソーダ割りで薄めてゆっくり飲みましょう。





 居酒屋でもよくみかけるジンジャーハイボールは、ジンジャーエールが甘いので、ソーダ(炭酸水)で割ったシンプルなものの方がおすすめ。トニックウォーターは糖分が含まれているのでカロリーオフを目指すならソーダ割りにしましょう。

4.焼酎は生フルーツを絞ったサワーで
 焼酎も蒸留酒で糖類0、ヘルシーなお酒と言われています。アルコール度数は製造方法にもよりますが20.5%~29.0%ほど、100gで146~206kcalになります。

 炭酸の喉越しを楽しみたいなら、焼酎を割ったサワー系がおすすめ。生レモンサワーや生グレープフルーツサワーなど、フレッシュな果物を使ったサワーならプラスしてビタミンCも摂ることができます。ウーロンハイや緑茶ハイも、お茶の成分のカテキンなどによる抗酸化成分を摂ることができますよ。

5.カクテルもヘルシーなお茶と組合わせよう
 カクテルを作る際に使うリキュールは、各種のお酒をベースに、糖類・香料・色素を加えたり、果実やハーブなどを加えて作られています。梅酒もリキュールに含まれます。カロリーが高いためダイエット中はあまり選ばない方が良い種類のお酒ではありますが、飲むならばウーロン茶で割ったカシスウーロンなどにしましょう。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧