あなたの肺は大丈夫?3つ以上当てはまる人は危険!肺の機能低下を知るためのチェックリスト

タグ: , , , 2022/9/28

 皆さんは、普段の生活の中で、「なんとなく不調だな」と感じることはありませんか?

その不調、もしかすると、肺の力が衰えたせいかもしれません。

肺が衰えると、病気を発症する危険性が高まるほか、様々なメンタルトラブルを引き起こすリスクも高まります。

逆にいうと、肺を鍛えると健康になれるかもしれないということです。

今回は、書籍「最高の体調を引き出す超肺活」(著=小林弘幸。監修=末武信宏)より、肺の機能と、機能低下を知るためのチェックリストについてご紹介します。

【関連記事】「こむら返り」は体からの危険信号





肺の健康をおざなりにするのは禁物!

肺が担っているもっとも重要な役割は、ご存知の通り「呼吸(ガス交換)」です。

しかし、呼吸は意識しなくてもできるため、食生活などと違って、健康を考えるときおざなりにしてしまいがちです。

肺の機能の衰えは、自覚症状に現れにくいものです。

しかし、自分はまだ若いから、あるいは体にはなんの不調もないからと、肺の健康をおざなりにするのは禁物です。

風邪がなかなか治らなかったり、咳やたんが続いていたり、階段を上るくらいで息切れしてしまう人は、肺が弱っている可能性があります。

肺の機能は、20代頃から加齢とともに誰でも低下していきます。特に喫煙者は40代以降になって急速に機能低下が進行することがあります。

肺の機能低下とは、肺胞が壊れたり炎症を起こしたりしている状態です。

こうなると、肺胞は酸素をうまく取り込めなくなってしまいます。

炎症がひどくなると、慢性閉塞性肺疾患(COPD)という病気を発症することがあります。重症化すると一生酸素ボンベを手放せない恐ろしい病気です。

しかし、残念ながら、肺胞は一度壊れてしまうと、再生できません。

脳細胞が壊れると、二度と元通りにならないのと同じなのです。

ここで、肺の機能低下を知るためのチェックリストを紹介します。

3つ以上該当する人は、肺の機能が衰えている可能性があります。

・喫煙者(過去に喫煙歴のある人を含む)
・ぜんそくなどの呼吸器疾患がある
・風邪が3週間以上治らないことがある
・1日に咳が何度も出る
・黄色い粘り気のあるたんが出る
・呼吸すると、ゼイゼイ、ヒューヒューと音がする
・長い坂や階段を上るときに息切れする
・歩いていると同年代の人についていけない
・些細なことにイライラする
・集中力が続かない
・不安やパニックになりやすい
・慢性疲労を抱えている
・肩こりや腰痛がひどい
・便秘に悩んでいる
・ぐっすり眠れない
・冷え症や肌荒れに悩んでいる

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧