【ゴルフ】股関節を柔軟にして再現性を高める方法 ~初級編~

タグ: , , 2020/4/20

[記事提供:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]


皆さん、こんにちは。ゴルフトレーナーの菅原です。

ゴルフで重要な関節と言えば股関節!

股関節が使えるようになると、前傾姿勢が自然にとれてアドレスも構えやすくなります。

またスイング時の体重移動もスムーズになり、回旋動作がしやすくなります。股関節の動きを改善するだけで、ゴルフが劇的に変わるかもしれません。

ぜひ、一緒に柔軟性を高めて使える股関節目指しましょう!

今回はゴルファーのための「股関節を柔軟にして再現性を高める方法 ~初級編~」をお伝えします。

・今すぐ読みたい→
【トータルゴルフフィットネス】捻転差をアップし飛距離を出す方法 https://cocokara-next.com/fitness/how-to-get-the-flight-distance/

1. 内回し・外回し運動

両手で太ももを持ち、内側、外側にリズムよく捻じります。股関節をこれから動かすので、ウォーミングアップとして行いましょう。片側10回行ったら逆側も行います。

2. 内ねじり・外ねじり運動

両足を肩幅より広くひろげ、両膝を90度くらい曲げて座ります。ゆっくり膝を内側に倒します。膝に痛みがでないように、意識するところは、股関節から捻じるように内側に倒します。左右交互に10回行います。

3. 股関節ねじり運動

両足を広げ、膝を伸ばして座ります。膝を伸ばしているので、少し難しくなりますが、太ももを内側に捻っていきます。左右交互に行い、左右の股関節の動きの差を感じながら行いましょう。左右交互に10回行います。

4. 内もも伸ばし

片膝を立て、逆側の足は伸ばし、身体を前に倒します。片側づつ行うことで、より内ももが伸びやすくなります。片側づつ10回行います。

5. 骨盤前後運動

開脚して座り、両手で身体を支えます。支えながら、骨盤のみを前後に動かします。腰を反る動き、丸める動きを交互に行います。前後交互に10回行います。

6. もも前&裏側伸ばし

片膝を着き、重心を前に移動して、ももの前側を伸ばします。次いで曲げている膝を伸ばし、ももの裏側を伸ばします。表と裏を交互に10回伸ばしましょう。





[記事提供:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
【トータルゴルフフィットネス】捻転差をアップし飛距離を出す方法 https://cocokara-next.com/fitness/how-to-get-the-flight-distance/

菅原 賢(すがわら・けん)

日本オリンピック委員会医科学強化スタッフ
JGTO・LPGAツアー帯同トレーナーとして数多くのプロゴルファーのフィジカルサポートを行う傍ら、「ゴルフを一生涯できる身体づくり」をテーマに掲げゴルフ専門フィットネスクラブ「トータルゴルフフィットネス」を2007年に設立し、アマチュアからトッププロまで幅広い層のゴルファーのトレーニング指導を行っている。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧