妊婦さん必見!時期別摂取カロリーの目安と食事例

タグ: , , 2021/9/22

 妊娠中や授乳期は赤ちゃんに栄養を与えるため妊娠前よりたくさん食べて、摂取カロリーを多く摂る必要があります。

妊娠期・授乳期の摂取カロリー


 今までとっていた摂取エネルギー量+付加量(妊娠・授乳期の時期別に付加すべき量)が基本です。基本の摂取エネルギーは、身長・体重・年齢によって異なるので、詳しく知りたい場合はあすけんに登録して確認してみてくださいね。

一日の摂取の目安:基本摂取エネルギー量
●身体活動レベルⅠ→1650~1750kcal
●身体活動レベルⅡ→1950~2000kcal
●身体活動レベルⅢ→2200~2300kcal

(※1)日本人の食事摂取基準(2015 年版)18歳~49歳女性で算出
〈身体活動レベル〉
●低い(Ⅰ)=生活の大部分が座位で、静的な活動が中心の場合
●ふつう(Ⅱ)=座位中心の仕事だが、職場内での移動や立位での作業・接客等、あるいは通勤・買い物・家事・軽いスポーツ等のいずれかを含む場合
●高い(Ⅲ)=移動や立位の多い仕事への従事者。あるいは、スポーツなど余暇における活発な運動習慣をもっている場合





妊婦さんの時期別エネルギー付加量
妊娠の時期に応じて、基本摂取エネルギー量に付加量をプラスします。

●妊娠初期(16週未満):+50kcal
●妊娠中期(16~28週未満):+250kcal
●妊娠末期(28週以降):+450kcal
●授乳期:+350kcal

・今すぐ読みたい→
今こそ見直そう!婦人科系の病気を引き起こすNG習慣5つ https://cocokara-next.com/fitness/disease-of-the-gynecological/

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧