ゴルフスイングの勘違い~起き上がり~

タグ: , , , 2021/4/22

[文:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]

 トータルゴルフフィットネス、トレーナーの谷崎です。

今回は私の長年の課題でもあった「起き上がり」を防止するための身体の使い方をご紹介します。写真では伝えきれない細かい動きは記事の最後にある動画を是非ご覧ください。

ゴルフスイングで起き上がりに悩んでいらっしゃる方はかなり多いと思います。

TPI(タイトリストパフォーマンス研究所)によると、アマチュアゴルファーの約65%が起き上がっているというデータもあります。

起き上がりというのは、スイング中にアドレス時に作った前傾角度が失われて、骨盤がボール方向に近づいてしまうスイングエラーです。

起き上がるとどんなデメリットがあるのかというと、

・体と手元が近いため、クラブの通り道が狭くなりフェースを慌てて閉じるために方向性がバラつきやすくなります
・ハンドファーストになりにくくなり、強くボールを打つことができません
・打点がずれる可能性が高くなるので、ダフリやトップになりやすいです

・今すぐ読みたい→
ゴルフスイングの勘違い ~ タメを作る ~ https://cocokara-next.com/fitness/misunderstanding-golf-swing/






器用な方は起き上がっていてもある程度のスコアを出せるかも知れません。
しかし、安定して良いスコアを出し続けたり、もう一段階上のステージに行くためには、起き上がりは必ず排除しなくてはいけない問題です。

起き上がりには3つ原因があると考えています。

1つ目は、「ダフりそう」という感覚です。

起き上がることによって、地面から身体が遠くなり、その分手を伸ばしてボールを打っているので、前傾をキープすると地面と体が近くなったと感じるので、今までの打ち方だとダフりそうという感覚になります。特に起き上がり歴の長い方は、この感覚が気持ち悪いでしょう。実際にダフってしまうことも多々あると思います。
ラウンドがあると、ダフりたくないので、ついまた起き上がってしまって、なんとかそのラウンドをしのぎます。そうするとずっと起き上がりは直せません。

前傾をキープしたまま打つためには、起き上がっていたときとは違うクラブ操作が必要になります。特にいつどこでどのようにリリースするかがカギになってきます。それについてはゴルフコーチのレッスンを受けるのが確実だと思います。

2つ目の原因は、「勘違い」です。

これが私にとっては起き上がりを直す最大のきっかけになりました。

ゴルフスイングの起き上がりは英語でアーリーエクステンション(early extension)と言います。
アーリーは「早い」ですが、ここで言うエクステンションは「伸展(伸ばす)」という意味です。「早すぎる伸展」という解釈で良いと思います。

何を伸展させるかですが、股関節です。
股関節を屈曲(曲げる)、伸展(伸ばす)は下の写真の通りです。

ゴルフでは地面に足がついていますので、屈曲は上半身が前傾した状態になります。
この前傾が起きていく=股関節の伸展になります。

アドレス時に股関節を屈曲していますが、誰でも最終的には股関節は伸展します。
プロゴルファーでもそうです。しかし、この伸展が早すぎてはいけませんという話です。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧