ゴルフスイングの勘違い~捻転差をつくる・上半身編~

タグ: , , , 2021/5/20

[文:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]


 トータルゴルフフィットネス トレーナーの小宮諒です。

今回はゴルフスイングの勘違い~捻転差を作る!上半身編』というテーマでお話しさせて頂きます。

捻転差の練習を、たくさんしているけど何故かできない!どうもカラダがついてこない!と思っている皆さん!!

身体の動きや機能というところに焦点を当てたことはありますか?

もし、カラダが捻転差を作れない状態であったら、スキルやテクニックを練習しても中々習得できません。

車の例えになりますが、右に曲がりたいのにハンドルが右に回せない車であったら一向に右に曲がれないですね。このような状態に体もなっているかもしれません。

今回は、スキルやテクニックの内容ではなく、『カラダ』にフォーカスをして捻転差を生み出していきます!!第一回目の今回は上半身を動かす捻転差の作り方をお伝えします。

詳しくは動画でご説明させていただいていますのでぜひご覧ください!

まず初めに捻転差が作れる体の状態であるかのチェックをしましょう!

・今すぐ読みたい→
ゴルフスイングの勘違い~フォロースルーで肘が引ける~ https://cocokara-next.com/fitness/misunderstanding-golf-swing-07/

1.アドレス姿勢になり手を胸の前でクロスします

2.下半身を動かさないように上半身を左右に捻りましょう(上写真)

この動きを左右交互に繰り返してください。

NGな動きは下半身も上半身と共に回ってしまっている動きです。

この身体の動きチェックでNG動作のような動きになってしまっている方が捻転差を作り出しにくい身体の状態になってしまっている方です。

それでは実際にエクササイズをして捻転差を生み出せるカラダ作りをしていきましょう!

一つ目のエクササイズは、体側のストレッチです!

1.身体の前にクラブをつきましょう

2.クラブ側の手を前に伸ばしながら、お辞儀をします

3.2の姿勢をキープしたままクラブを持っている側の足を大きく後ろに伸ばしましょう
※脇~腰あたりに伸び感を感じましょう

2つ目のエクササイズはカラダを捻るエクササイズです

1.中腰の姿勢で片手で両膝に手を置きましょう

2.片方の手を前に伸ばし、大きく後ろ方向にカラダを捻りながら腕を回しましょう
(この時手のひらが上向きになっている状態にしてください)
※この動きの最中に下半身が左右に動いたり一緒に回らないように注意してください。





[文:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

小宮 諒

トータルゴルフフィットネス専属パーソナルトレーナー。JGFOゴルフフィットネストレーナー。ジュニアから高齢者、アスリートなど幅広いお客様の評価、トレーニング指導を行っている。その人にあったトレーニングを提供することによりゴルフの結果だけではなくトレーニングの楽しさや素晴らしさ、変化などを実感してもらえることをテーマにしている。

ゴルフトレーニング体験はこちら
https://www.tg-fitness.net/introduction/taiken.html

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧