痩せ体質になる40歳からの「ゆる筋トレ」

タグ: , 2019/3/8

若返りに必要な筋肉をつけましょう


 40歳からのからだづくり、若返りには、下半身の筋肉の存在が何より重要です。
また、いつもと同じ活動レベルのことをしているだけでは、下半身の筋肉は20歳を境に年1%ずつ減っていくそうです。

筋肉は普段与えている刺激よりも強い刺激を与えなければ増えません。ですから「歩く」だけでは、生活の中で行っているレベルなので、筋肉をつけることはできません。しかし、エスカレーター、エレベーターばかり使っていた人が、駅でも会社でもデパートでも、どこでも階段を使うようにする。そうすると、普段よりも強い刺激を筋肉に与えることになるので、これだけでも筋肉量は増えていきます。

「筋肉は破壊されることで、強く大きくなる。」これが筋肉をつくる大原則。

筋肉に大きな刺激が加わることで、筋繊維が壊れます。すると、筋肉はまた同じ大きさの刺激が来たときに耐えられるように、より強い筋肉に修復されます。これが筋肉ができるメカニズムです。

いつもよりも重い荷物を持ったら翌日筋肉痛になった、ちょっと腹筋運動をしたら翌日おなかが痛い…
こんな経験は誰にでもあると思います。筋肉痛になるのは筋肉が破壊され、より強い力を発揮できるように筋繊維の修復作業が行われていると考えられています。

痛くていやだと思うかもしれませんが、じつは、「もっと強い筋肉になりますからね!」という筋肉のサインだと思ってください。また、筋肉量が増えると毛細血管の量も増え、全身に酸素や栄養素が運ばれやすくなります。
さらに、酸素から効率よくエネルギーを生み出し、疲れにくいからだづくりにも一役買っています。

今回は簡単エクササイズで衰えかけている筋肉に刺激を与えて新しい筋肉を作り、硬くなった筋肉の柔軟性を高める「ゆる筋トレ」を紹介します。

・合わせて読みたい→
どっちが正解?運動前後の食事のタイミング(https://cocokara-next.com/food_and_diet/before-and-after-exercise-meal-st/)

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧