【ゴルフ】アドレスですべてが決まる!悪いアドレスを変えるための必要なトレーニング!

タグ: , 2022/7/1

[文:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]

 トータルゴルフフィットネス トレーナー池田です。今回はアドレス姿勢について解説します。スイングばかりに目を向けていませんか? アドレス姿勢ですべてが決まると言われるぐらい大事です! 初心者~上級者までのどんなゴルファーにも共通する事項です! ぜひ1度ご自身のアドレス姿勢を見直してみましょう!

以下の動画でも解説しておりますので、是非合わせてご覧ください。

【関連記事】ゴルフラウンド中にやってしまうNG行動4選!スコアに直結するので今すぐ止めよう

アドレス姿勢には全部で3種類あります。1つ目は「ニュートラルな姿勢」です。頭の先から真っ直ぐの状態でいわゆる「いい姿勢」のことです。2つ目は「反り腰(S字姿勢)」です。反り腰がキツくなって腰がパンパンに張って、詰まってしまう姿勢です。この姿勢は特に女性に多く見られます。3つ目は「猫背(C字姿勢)」です。いわゆる猫背の姿勢ですね。アドレスは主にこの3パターンに分かれます。今一度ご自身のアドレス姿勢を確認していただいて、どの姿勢に近いのかを確認してみてください。

アドレス姿勢は「よーいどん」の初めの姿勢になります。スタートが悪いと最終的にスイングという「結果」も悪くなってきます。 ゴルフコーチによってはアドレス姿勢で全てが決まるというくらい重要な部分になってきます。S字姿勢の特徴としては起き上がる方が多いです。腰が前に出てしまう方が多いです。C字姿勢の方は体が回らないため、肩が起き上がり、床と肩が平行になるフラットショルダーになりやすいです。いいアドレス姿勢であればあるほど、背骨が真っ直ぐのため縦回転に体が回しやすくなります。いいアドレス姿勢であれば、力の伝達も良く、関節にかかる負荷も軽減できるため、痛みの出づらいスイングに近づけます。

また悪いアドレス姿勢の方には2つ大きな特徴があります。1つ目は、アドレス姿勢が悪い人の多くは骨盤が動きません。例えば「骨盤を後ろに傾けてください。」と言っても動かし方が分からない。もしくは膝や上体で前後に動いてしまう方が多いです。





2つ目は、頭が下を向いてしまっていることです。頭だけ落ちてしまっている方が多いです。頭の位置が悪いと頚椎(首)の部分と胸椎(胸)が連動して猫背になります。ですので、基本的に骨盤が動かない方、首の位置が悪い方はアドレス姿勢が悪くなる傾向にあります。日常から頭が前に出ている方や骨盤が前に出て背中も丸まっている方はアドレス姿勢にも影響しやすいかと思います。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧