ゴルフラウンド中にやってしまうNG行動4選!スコアに直結するので今すぐ止めよう

タグ: , , 2022/9/6

[文:レジャーゴルフのサイト【Caddy(キャディ)】]

 今回は、「初心者がラウンド中にやるNG行動4選」を紹介したいと思います。

僕も当然初心者だった訳で、以下の紹介する行動はよくやっていました。

NG行動に早く気付けば気付いた分、上達も早くなります。

当記事を読んで「うわ、これやってる…」となった方は、今後注意するだけでスコアも変わってくると思います。

それでは紹介していきます。

【関連記事】2打目がOBなら次は何打目?初心者にもわかりやすいペナルティの数え方





1.走った後に一呼吸置かないで打つ

ラウンド中は予期せぬ事の連発。ティーショットが左の崖上に行ったり、右の崖下に行ったり、隣のホールへ行ったりと様々。

プロだって球を曲げるのに、僕達アマは当然、初心者なんて曲がりっぱなしだと思います。

そうなると必然的に走る事が多くなりますよね。プレー速度の観点もからもそれが自然です。ただ一つここで注意しておきたいポイントがあります。

それは走った直後、一息も付かずにアドレスに入る事です。

走った後、球の所ですぐ様アドレスに入って打つ人は、とにかく呼吸を落ち着かせるべきです。何も上記画像のようにガチで整えようという訳ではありません。

呼吸が乱れ、肩で息をすると頭も前後に動いてしまい、正確なインパクトが出来ません。

足も疲労が溜まってるのでバックスイングでよろけてしまうかも知れない。

結果、ミスショットとなればまた走るようになり負の連鎖に陥ってしまう。

僕もこのミスを幾度となく繰り返しました。崖の下から登ってきて、周りは僕が打つのを待っている。とにかく早く打たなきゃ!って気分になるんですよね。

一ホールで叩いてしまう人は、大抵この現象に陥ってる気がします。

とにかく一呼吸置いてから打ちましょう。一呼吸と言えど、たった数秒でも息は整います。落ち着いてアドレスに入りましょう。

2.ナイスショットの後のミスに落ち込む

ティーショットで会心の当たり。ナイスショットで気分も乗り、ここから進撃して行くのかと思ったけど、セカンドショットで左に引っ掛けてOB。

これもゴルフあるあるの一つ。

きっと愕然とするでしょう。ならあのティーショットの完璧っぷりは何だったのか?天国から地獄へ真っ逆さまです。

これで気分が萎え、プレーが腐ってしまう人がいますが、ここは考え方を変えなければなりません。18ホールから逃げる事はできないのだから…。

ティーショットがまぐれ当たりだったのです。

流れが来たとか、覚醒したとかって安易に思ってはいけません。そのおごりが次のミスショットを引き起こしたのです。

ティーショットはまぐれだった。たまにあるナイスショットに心を動かされず、気を引き締めてラウンドしましょう。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧