体が硬い人ほど痩せにくいってホント?!スッキリBODYを目指しましょう

タグ: 2020/8/2

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 いろいろなダイエットをがんばってみてもなかなか効果が現れない。

もしかしたらそれは「体が硬い」ことが原因なのかも・・・。





身体が硬いと感じている方には「ストレッチが苦手」と感じる方が多いかもしれません。

ストレッチの効果は、運動前に準備体操の一環として行い怪我を予防するだけのものではありません。

身体を伸ばすことで柔らかくなった筋肉は、本来の血流を促すポンプ機能を取り戻し、酸素や栄養の供給を行い、老廃物や疲労物質を体外へ押し流していきます。

また、普段鍛えられない筋肉を刺激することで、代謝を向上させたり、柔軟性を得ることができると言われています。

体が柔らかいとどんなメリットがあるでしょうか?


・代謝が上がり、痩せやすくなる
体が硬いということは筋肉の柔軟性が低いとも言えます。この状態では関節が動かしにくくなるため、体の可動域(動かすことのできる範囲)が狭くなってしまいます。

筋肉を大きく使うことで、基礎代謝が高まると考えられています。

筋肉は血液の流れを促す働きをしているため、筋肉が硬いとその働きも鈍くなり血行が悪くなってしまいます。

・冷え、むくみを防ぐ
体が硬いと血流が悪くなり代謝が低下し、余分な水分が溜まってしまってむくみが生じたり、末端の血流が滞ることで冷えも起こったりなど、美容にも健康にも良い影響がありません。

血行が良くなることで全身のすみずみまで血液を届けることが出来るようになります。

・今すぐ読みたい→
その不調の原因、「自律神経の乱れ」かも?!意外に知らない自律神経の大切な話 https://cocokara-next.com/stress/autonomic-nervous-disturbance/

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧