栄養成分表示はチェックしてる?見方を知って食品選びに役立てよう

タグ: , , 2021/3/9

 食品のパッケージに記載されている「栄養成分表示」。エネルギーや食塩相当量などが書かれていますが、目にしたことはあるけど見方がよくわからない…という方も多いはず。栄養成分表示の見方を知って、毎日の健康づくりやダイエットに役立ててみませんか?

栄養成分表示とは

栄養成分表示とは、容器包装された食品に義務付けられている表示です。以下のような表で記載されることが多く、その食品のエネルギー量や食塩相当量などがわかるようになっています。

【栄養成分表示の例】


生鮮食品やお酒、スーパーで作られているお惣菜など一部対象外のものを除き、ほとんどの食品に表示が義務付けられています。栄養成分表示を活用することで、食品を選ぶ際の選択肢のひとつとして役立てることができます。

栄養成分表示の目的は健康の維持・増進
栄養成分表示は、表示される栄養成分について細かくルールが決められています。生活習慣病予防や健康維持・増進に関連があるものは義務表示、推奨表示となっており、そのほかの栄養成分については任意表示となっています。

【義務表示】
エネルギー(熱量)・たんぱく質・脂質・炭水化物・食塩相当量

【推奨表示】
飽和脂肪酸・食物繊維

【任意表示】
糖質・ビタミン・ミネラル・コレステロールなど

これらの表示を確認することで、摂取の過不足を防ぐのに役立ちます。よい指標として活用してみましょう。





・今すぐ読みたい→
ゆる糖質制限中に食べるなら!果物をカシコクとり入れるコツ https://cocokara-next.com/food_and_diet/intake-of-fruit/

ナトリウムの表示が変更となり、食塩相当量がよりわかりやすく
以前はナトリウムとして表示されていましたが、2020年からは食塩相当量として表示されるようになったため、よりわかりやすい表示となりました。

以前のナトリウム表示では、実際どのくらい食塩が入っているのか(食塩相当量)を知るには計算が必要だったため、活用しづらいものでした。今後は食塩相当量の表示を活用して、食塩の摂りすぎの予防に役立てたいものです。

日本人は食塩の摂りすぎが問題となっており、高血圧の原因の大半を占めています。健康な方でも、1食あたりの食塩相当量は2~2.5g程度に抑えることが目標とされています。食品選びの際は食塩相当量に注意して見てみましょう。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧