【ゴルフ】庭での練習はオープンフェースで!3つのメリットが得られます!

タグ: , , , 2022/4/21

[文:レジャーゴルフのサイト【Caddy(キャディ)】]

 今回は、「庭での練習方法」をテーマにしています。

庭をお持ちの方に絞ったテーマですが、庭がある人には絶対やって貰いたい練習方法があるので、今回紹介したいと思います。

ちなみに我が家も小さいですが、庭がありまして、今回紹介する方法で練習しています。2×2m程度のスペースがあれば誰でもできます。

・今すぐ読みたい→
グリーン周りでダフリ連発!簡単ダフリ対策3選! https://cocokara-next.com/fitness/duff-shot-measures/

60°のウェッジを購入しよう!


結果から書くと、オープンフェースにしてアプローチの練習をしよう!という話です。オープンフェースにする事でロフトが寝て球が飛ばなくなります。

球が飛ばなければ、限りある庭のスペースでも十分な練習場になる訳です。

ある程度の振り幅で打ちたいので、ロフトも極力寝た物を購入しましょう。僕は庭用に60度のウエッジを買いました。
PGAツアーのレジェンドであるフィル・ミケルソンの真似をして64°も考えましたが、売っていませんでした(笑)

中古ショップでも良いですし、ネットで安い物を購入しても良い。僕のなんてネットで買った3000円位のものですから。

ウエッジを購入したら、庭に出て思いっきりオープンフェースにしてアドレスし、実際に打ってみましょう。

では以下よりオープンフェースで打つメリットを紹介していきます。





①ボールが飛ばないのでふり幅を大きくできる

上記でも書きましたが、60°でフェースを開くと球は高く上がり、前方へはそれ程飛ばなくなります。

フェースが上を向いてるから当然と言えば当然ですね。

前方に飛ばなければ、たとえ狭い庭でもハーフショット位の振り幅でも対応できます。先ほど紹介したミケルソンなんて、フルスイングから1m程度しか飛ばないですからね。

スイングスピードを上げても球の方向はフェースが決めます。それが上を向いてるなら、球は上空に向かうだけです。

しっかりフェースに乗ればバックスピンも効いてるので尚の事飛びません。

一般的なサンドウェッジだと「ハーフショットの半分の振り幅」でさえ、庭を飛び出してしまう。

ですが、オープンフェースでロブを狙えば十分な振り幅で練習する事が可能。

ここは大きなメリットです。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【関西ダービー観戦イベント@6/10オリックスvs阪神】YouTuber『Bモレル』と日本一の投手コーチ『佐藤義則』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で人気YouTuber「Bモレル」さんとダルビッシュ、マー君を育てた日本一の投手コーチ「佐藤義則」さんがファンの方とお酒を飲みながらオリックスvs阪神戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧