やめられない!甘いお菓子の食べ過ぎを防ぐためには

タグ: , , , 2022/12/7

 ダイエット中はタブーとされがちな甘いお菓子ですが、食べすぎなければ問題ありません。お菓子を食べ過ぎないための工夫をいくつかご紹介します。

お菓子を食べ過ぎないためには

温かい飲み物と一緒に食べる
 お菓子は温かい飲み物と一緒に食べましょう。冷たい飲み物より、温かいほうがゆっくり飲むことができるので空腹感が収まり、食べすぎを予防できます。コーヒー・紅茶・ハーブティーなどお好みのもので。

お菓子と飲み物を交互に
 お菓子をひと口食べたら、飲み物をひと口飲む、というように交互に食べると、少量でも満足を得ることができます。甘いものを食べるときは、飲み物はノンシュガーにしましょう。

ながら食べはしない
 テレビを見たり、雑誌を読みながら食べると、ダラダラと食べ続けてしまいがち。おやつに限らず、ご飯のときもながら食べはNG。食事に集中し、ゆっくり味わいながらいただきましょう。

【関連記事】腎臓内科医が教える「コレステロール値の注目ポイント」。大切なのは善玉と悪玉の比率





ダイエット中のお菓子との付き合い方

間食は150Kcal以下のものを
 間食は1日の摂取エネルギーの10%くらいが適正なので、通常は200kcalくらいが目安。でもダイエット中はやっぱりちょっと控えめにして、1日150kcal以内にコントロールしましょう。

 150kcalのお菓子は、クッキーなら2枚、板チョコなら1/4枚、ミニカップのアイスクリームなら半分程度です。高カロリーのお菓子を食べた場合は、3日間ぐらいで、調整するようにしましょう。

1日1回、時間を決めて
 ダラダラ食べ続けるのはやめて、昼食と夕食の間に1回「おやつの時間」を作りましょう。また寝る前に食べると体脂肪になりやすいので、夕食後の間食は控えめに。

「フィットネス」新着記事

  • フットネス

    眠る前6分!毎日できる快眠ストレッチ

    2023.01.28 フットネス
  • フットネス

    東洋医学における生理痛の対処法

    2023.01.28 フットネス
  • フットネス

    指がこわばる「ばね指」。その原因とは

    2023.01.28 フットネス

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧