すい臓がんはがんの中でも生存率が低いとされています。その理由は?

タグ: , 2022/7/26

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 5年相対生存率がわずか7.7%のすい臓がん。

転移しやすく、ほとんどが進行した状態で見つかることが多いと言われています。

すい臓は、

● 食物の消化を助ける膵液をつくる。
● インスリンやグルカゴンなど血糖値の調節に必要なホルモンを産生する。

という2つの役割を果たしています。

すい臓がんを起こす危険因子としては、糖尿病、慢性膵炎、喫煙と言われています。

これらのうち、喫煙は確立した危険因子であるといえます。

すい臓にできるがんのほとんどは、すい管の細胞にできることが多く、すい臓がんとは、通常このすい管がんのことを指します。

膵臓は、胃の後ろの体の深部に位置しているため、がんが発生しても症状が出にくく、早期の発見は簡単ではありません。


【関連記事】医者が考える「痛い」病気ワースト5





「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧