睡眠時間が少ないと太りやすくなる?!

タグ: , 2022/7/3

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 忙しくて睡眠時間が思うようにとれない場合、どうしたらいいの?

睡眠時間が少ないと病気になりやすくなるだけじゃなく、太りやすい体質になってしまう!?





【関連記事】足がつる中高年必見!寝てる時に足がつる原因と予防法とは

睡眠時間が少ないと高血圧や動脈硬化等の病気を引き起こしやすく、早死にしてしまうリスクが高まるという話を以前ご紹介させて頂きました。

さらに集中力の低下や疲れやすくなってしまいます。

そしてそれだけに留まらず、太りやすくなってしまうのです。

平均睡眠時間とBMIの関係を調べた研究によると、睡眠時間が7~8時間の場合が最も肥満が少なく、それより短くても長くても肥満が増えるそうです。

睡眠時間が少なく活動時間が長いと、むしろエネルギーをたくさん使って痩せそうなものですが、なぜ太ってしまうのか研究した結果があります。

短時間睡眠が続くとその分、活動時間が増えても代謝が落ちるため、1日のエネルギー消費量は通常睡眠(7時間睡眠)と変わりません。

しかし食欲抑制ホルモンの分泌が減るなどして食欲が増します。

つまり睡眠不足はエネルギー摂取量に影響して体重を増やす方向に働くと考えられます。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧