体温を上げる「温活」のすすめ

タグ: , 2022/11/21

 昔から「冷えは万病の元」といわれています。一説によると、体温が1℃下がるだけで代謝が12%、免疫力が30%下がるのだとか。低体温が身体にもたらすデメリットと、体温を上げる方法をお伝えします。

【関連記事】10キロ痩せたい!1か月でダイエットを成功させるおすすめ方法4選





低体温はなぜ良くない?

健康な人の平熱は36.5~37.1℃といわれていますが、現代人は平熱が35℃台という低体温の人が増えているようです。

体温が低いとなぜ良くないのでしょうか。それは基礎体温が免疫力に関係しているからです。私たちの血液の中には免疫システムをつかさどる白血球が存在し、外部から侵入した細菌やウイルスなどを常に監視して、撃退する働きをしています。

つまり、白血球が常に体内をパトロールしてくれるから、私たちは病気にならずに済むわけです。しかし、低体温になると血流が悪くなり、白血球の働きが弱まるため、細菌やウイルスを排除できず、風邪やウイルスなどの感染症にかかりやすくなります。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧