産前産後から更年期に掛けてご注意を!「女性とお酒の関係」について

タグ: , , , , 2022/7/4

[文:健康わくわくサイト 人生100年時代に役立つトレヴィアをお届けします]

「ホッ」とできる時間を作りたい

赤ちゃんの寝顔は疲れを忘れさせてくれる

 前回ご紹介した「生活習慣病とお酒」のコラムで、アルコールと生活習慣病には深い関係があることをお知らせしました。お酒の飲み過ぎは、性別独特の影響を与えるらしいです。

血糖値を下げるインスリンというホルモンは、女性ホルモンの分泌にも関係しています。ですから月経異常を引き起こすことに繋がり兼ねません。(※1)

ちなみに女性はウイルス感染が原因の子宮頸がんにも注意が必要です。

女性ホルモンというと、私は直ぐに「エストロゲン」を思い浮かべます。このホルモン、肥満によって刺激され過度に増えて、閉経後の女性でも乳がんのリスクが高まる。

【関連記事】「夜間低血糖」を知ってますか? 飲酒時に気を付けたいあの症状とは

酒の飲み過ぎと酒の肴や〆のラーメンなど、ついつい調子に乗って飲み過ぎ食べ過ぎの傾向になる。このことは肥満の原因なのですから、太り過ぎとお酒は十分関係あります。(※2)

現代社会は少子化,出生率低下が顕著です。多くの女性は男性では経験できない、妊娠,出産という人生での一大イベントを迎えます。

みなさん十分ご承知のとおり、妊娠中の飲酒はご法度です!胎児性アルコール症候群に罹患するからです。

出産したら赤ちゃんの育児が待っています。今は男性も育児に参加することが珍しくなく、育休制度もあります。けど職場の事情によってはなかなか取り難い場合もあるでしょう。そこで政府は男性の産休制度を創設する方針を打ち出しました。(※3)





とはいえ、妊娠中から産後に掛けて、女性に圧し掛かるストレス負荷は続きます。出産後まもなくふさぎ込んでしまったり、情緒不安定になる「マタニティブルーズ」や、産後少し経ってから長期に渡って発症する傾向のある「産後うつ病」というメンタル不調があります。育児はさまざまな悩みや心配ごとが絶えません。ホッと一息つける時間を作りたいですね。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧