生理痛を和らげる!?痛み止めに頼らないからだに優しいとっておきの改善方法

タグ: , 2022/8/12

「生理痛がひどい原因って何だろう?」
「生理痛を和らげる方法を知りたい」

こんな疑問や悩みをかかえていませんか?

重い生理痛を我慢するのはつらいけれど、そのたびに痛み止めを飲むのもなんだか不安ですよね。痛み止めに頼らない生理痛の緩和方法も気になるところです。

また、生理痛のほかに、精神症状としてイライラ、落ち込み、情緒不安定。身体症状として倦怠感、頭痛、むくみなどにお悩みの方も多いでしょう。

今回の記事では、重い生理痛の原因や生理痛の緩和におすすめの漢方薬をご紹介します。

【関連記事】こむら返りは「体からの危険信号」?深刻な病気が隠れている可能性も

1.生理痛ががまんできない! 症状が重いのはどうして?





生理痛が重い原因として、主に以下の4つが考えられます。

・からだの冷えや運動不足
・ストレス
・プロスタグランジンの過剰分泌
・病気の可能性
(※1)(※2)

それでは、それぞれの原因について詳しくみていきましょう。

1‐1.からだの冷えや運動不足
重い生理痛の原因のひとつに、からだの冷えや運動不足による血行不良が挙げられます。血行が悪くなると骨盤内に痛み物質がたまって、痛みを感じやすくなると考えられているのです。

血行を良くするためには、簡単なストレッチなど普段からの無理のない運動をすることが大切です。また、温かい物を飲むといった習慣もおすすめ。ひざかけで下半身を冷やさないようにすることも効果的といえます。

1‐2.ストレス
ストレスがかかると、ホルモンや自律神経のバランスが崩れて血行を悪くさせ、生理痛を強めてしまう可能性があります。

また、生理痛が重いこと自体をストレスに感じるとさらに症状が重くなるため、生理中はできるだけゆっくり過ごすことが大切だといわれています。

温かい物を飲んだり、入浴したりして、リラックスした状態で過ごしましょう。

1‐3.プロスタグランジンの過剰分泌
生理痛は、経血を排出させるために子宮が収縮することで起こるといわれています。

月経※の際は、子宮を収縮させる働きをもつ「プロスタグランジン」という物質が分泌されます。プロスタグランジンは生理痛だけでなく、さまざまな痛みの原因物質でもあるのです。

プロスタグランジンの分泌量は個人差があり、分泌量が多い人は子宮の収縮が強くなるため生理痛が重くなる傾向があるといわれています。

※月経:医学用語で生理のことをいいます

1‐4.病気の可能性
日常生活に支障が出るほどの痛みがある場合や、薬を服用しても痛みがおさまらない場合などは、ほかの病気が関係している可能性があります。

たとえば「子宮内膜症」や「子宮筋腫」という病気は、強い生理痛を起こしやすいことで有名です。病気が疑われる際は、早めに医師の診察を受けるようにしましょう。

2.生理痛に鎮痛剤を使い続けても平気?

鎮痛剤は用法用量を守ったうえで、毎月の生理の期間中(数日〜1週間程度)に服用する場合は問題ありません。

しかし、鎮痛剤を1か月に10日以上飲んでいるような場合は、効き目を感じにくくなったり、薬に依存したりする可能性があります。

ひどい生理痛や、鎮痛剤の効果を感じなくなった場合などは、一度婦人科などで相談してみましょう。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧