私も悩み苦しみました。マスクによる肌トラブル解消のために実践したこと

タグ: , , 2022/9/21

 マスクの手放せない生活が続く中、肌荒れに悩む方が増えているといわれています。

漢方や薬草に関して深い知識を持つ鍼灸師のちゃか先生自身も、マスクによる肌荒れに悩んだそう。そこで今回は、先生が実践した「3つの肌ケア法」をご紹介します。

【関連記事】「こむら返り」は体からの危険信号





肌荒れの原因は刺激と雑菌

「コロナ前も施術中はマスクをしていましたが、ニキビができたり、肌荒れで悩んだりすることはありませんでした。でも、今は外に出る時もマスクが必須、圧倒的につけている時間が増えたことで、肌が荒れたんだと思います。マスクの繊維と肌が触れて摩擦による刺激、マスク内に繁殖する雑菌に原因があると考えました。そこで、私が実践したのは次の3つです。」

①小まめにマスクを取り換える。
雑菌の繁殖をおさえるため、1日3回ぐらい取り換えました。

②顔はタオルで拭かない。
タオルは、洗濯しても100%の除菌は難しいので、より清潔な状態を保つために自然乾燥か、清潔なティッシュで水気を取りました。擦るのはNGです。

③角質を取り除く。
マスクの摩擦で肌が乾燥し、角質が硬くなって厚くなっていたため、角質を柔らかくして取れやすくするための工夫をしました。お風呂に入る時は硫黄の入浴剤を使い、その後にしっかり保湿。

私は、この3つを徹底して肌荒れも落ち着き、すっかり元通りです。

汗をかくこれからの季節、マスクの下は雑菌が繁殖しやすくなるので、特に注意が必要です。肌荒れが気になる方は、ぜひ試してみてください。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】突然の痛みで叩き起こされる…「夜中のこむら返り」のシグナルとは
【関連記事】あなたの肺は大丈夫?3つ以上当てはまる人は危険!肺の機能低下を知るためのチェックリスト
【関連記事】まずは3キロ!2週間でダイエットを成功させるための4つの手順

ちゃか

鍼デトックス南青山院
薬草鍼灸院てんとう虫青山院

3歳からバレエを始め、18歳でヨガ・ピラティスに出会う。インストラクターとして活動中に、より深く体のことを学びたいと思うようになり鍼灸学校へ。在学中、刺絡や漢方・薬草に興味を持ち、独自の施術法、鍼デトックス(§HariDetox\Acupuncture Detoxification ®)を発案。鍼デトックスを広尾(現在、南青山に移転)に開院し、オーナーとして携わる。その後、インドネシア大学の医学部の解剖実習に参加し、人体解剖について本格的に学ぶ。
2020年に薬草スチーム療法を考案、東京・青山に薬草鍼灸院てんとう虫を開院。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧