栄養効果が薄まる意外な食べ合わせ!食生活を見直すときの落とし穴!

タグ: , , 2021/7/16

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 生活習慣病を予防、または改善するために食生活から見直す方も多いかと思います。

「健康に良さそうだから」「これ美容にいいんだよね」と、何気なく食卓に並んでいるおなじみの食材。

自炊や外食のとき、「食べ合わせ」をどれくらい意識していますか?

例えば脂っこいものと、水分の多いものを一緒に食べると消化不良を起こす、など昔から様々な言い伝えのある「食べ合わせ」。

実は、食べ合わせによっては食材が本来持つ効果を打ち消してしまったりする可能性があるので、気を付けたい食べ合わせとその解決策についてです!

・今すぐ読みたい→
がんにならないために!守るべき「がん予防12か条」 https://cocokara-next.com/stress/cancer-prevention-should-protect/

気を付けたい食べ合わせ7


1.しらす+大根

え!この食べ合わせダメなの?!とこの記事を書きながらとてもびっくりしています。
このいかにも体に良さそうな組み合わせ…私もよく作ってました(泣)
実は、大根には「リジンインヒビター」という酵素が含まれており、これがしらすに含まれている必須アミノ酸「リジン」の体内への吸収をしづらくしてしまいます。

解決方法

酢を加えることで食べ合わせの悪さを解消できるので、ポン酢をかけるのがおすすめです。(ゆずぽんをかけて食べるのが大好きだったので一安心)

2.ほうれん草+ごま

おばあちゃんも作ってくれてた「ほうれん草の胡麻和え」…この食べ合わせがだめならもう一体どうしたらいいのでしょう(泣)
ほうれん草に含まれるシュウ酸(えぐみ)が胡麻のカルシウムと結合して、カルシウムを吸収しづらくしてしまいます。

解決方法

シュウ酸は水に溶けて流出するので、電子レンジなどは使わず、しっかり茹でて調理することでほうれん草のシュウ酸を約70%も減らすことが出来ます。

3.レンコン+ひじき

この食べ合わせ…よくコンビニでも売ってるのをみかけるのに…
貧血予防に鉄分を摂ろうとひじきを食べる方が多いですが、ひじきにレンコンを混ぜてしまうと、レンコンに含まれるタンニンがひじきの鉄分を吸収しづらくしてしまいます。

解決方法

鉄分を意識して摂りたいときは、タンニンを含む食材や飲み物を一緒に摂らないようにしましょう。
逆にビタミンCを含む食材を一緒に摂ると鉄分がより吸収されやすくなります。





4.トマト+きゅうり

カットするだけでお手軽サラダにもなるトマトときゅうり。
しかしきゅうりに含まれるアスコルビナーゼはトマトのビタミンCを壊してしまう働きがあります。

解決方法

アスコルビナーゼは酸に弱いので、ビネガーを使ったドレッシングやマヨネーズをかけるとビタミンCをしっかり摂取できます。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧