カルシウム補給やダイエットにも!スキムミルクの栄養と取り入れ方

タグ: , , 2022/6/9

 スキムミルクは「脱脂粉乳」ともいい、牛乳から脂肪を取りのぞき、乾燥させて粉状にしたものです。

スキムミルクっておいしくないのでは?と思われる方も多いかもしれませんが、今のスキムミルクは飲みやすいように改良されています。おいしくないと言われていた昔のスキムミルクに比べ、くさみも少なくあっさりといただけます。

今回はカルシウムをとりたい方にも、ダイエット中の方にも役に立つ、スキムミルクの魅力をご紹介します。

【関連記事】バナナを朝に食べる、シンプルなダイエット法

スキムミルクの栄養

スキムミルクの栄養
<スキムミルク100gあたりの栄養成分値>

エネルギー 359kcal
タンパク質 34.0g
脂質 1.0g
炭水化物 53.3g
カルシウム 1100mg
亜鉛 3.9mg

となっています。脂肪分は100gあたり1.0gまで取り除かれており、タンパク質、カルシウム、亜鉛が豊富に含まれています。

スキムミルク・低脂肪乳・普通牛乳の比較
<コップ1杯200gあたりの比較>
スキムミルク/低脂肪乳/普通牛乳

・エネルギー
75kcal/92kcal/134kcal
・タンパク質
7.1g/7.6g/6.6g
・脂質
0.2g/2.0g/7.6g
・炭水化物
11.2g/11.0g/9.6g
・カルシウム
230mg/260mg/220mg
・亜鉛
0.8mg/0.8mg/0.8mg
・ビタミンA
1μg/26μg/76μg
・ビタミンD
Tr(※)/Tr(※)/0.6μg

スキムミルクは、平均的な使用量(スキムミルク21g+水179g)で計算しています。
(※)Tr・・・微量に含まれていると推定される

脂肪が取りのぞかれている分、低脂肪乳や牛乳に比べるとエネルギー量が低くなっています。カルシウムや亜鉛の量はどれもさほど変わりありませんが、ビタミンAはスキムミルクが一番少なくなっています。

これはビタミンAが油に溶けやすい性質があるため(※1)、脂肪分を取りのぞくことでビタミンAも減ってしまうものと考えられます。





スキムミルクはカルシウム補給におすすめ
牛乳よりエネルギー量が控えめなのに、牛乳とほとんど同じ量のカルシウムが補給できます。厚生労働省による平成30年国民健康・栄養調査(※2)では、日本人のカルシウム摂取量は不足しています。

不足量は200~300mgほど(※3)なので、コップ1杯のスキムミルク(または牛乳)で理想の摂取量に近づくことができます。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧