【テレワークでも使える!】計画仮眠で午後の作業効率をアップ

タグ: , , 2020/8/16

 モデルやタレントとして活動。「あや吉」の愛称で知られる西谷綾子さん。

 バスケットボールでインターハイに出場経験があり、仕事を通してマラソンに出会った。今では芸能人ランナーの中でもトップクラス、フルマラソン自己最高記録は3時間1分32秒を走る実力の持ち主。

 睡眠改善インストラクター、ジュニア・アスリートフードマイスターの資格を取得し、健康アドバイスなども行なう西谷綾子さんに、簡単にできる「快眠テク」を教えていただきました。

 今回は「仮眠」について。

・今すぐ読みたい→
朝の目覚めが良くなる方法 ~睡眠改善インストラクターの「快眠」ワンポイントアドバイス~ https://cocokara-next.com/lifestyle/sleep-improvement-advice-01/

計画仮眠で午後の作業効率をアップ


「午後、眠くなるのは生体リズムのひとつ。起床しておおよそ8時間後は、脳の覚醒が低下する時間帯と決まっています。目覚めている限り脳脊髄液の中に睡眠物質がたまって、これが充満すると眠くなり、情報伝達能力が低下してしまうのです。眠くなる時間というのは決まっているので、その前に、眠くなる前に計画仮眠がおすすめです」と西谷さん。

<仮眠のポイント>
・時間は30分以内
長くなると夜の睡眠の質に影響します。

・起きる時間を「3回」つぶやく
 20分後に起きる、20分後に起きる、20分後に起きると声に出すことがポイント。その時間の少し前になると自然と心拍数があがり、起きる準備をしてくれます。

・仮眠時は、座ったままの体勢
机にうつ伏せ、頭がぐらつかないようにネックピローなどを使って壁に寄りかかる、など。

 もし、仮眠を取るのが難しい時は、1分~5分ほど目を閉じるだけでもOK。目から入る情報を遮断することで、スッキリ感が得られます。

 眠くなる前に計画的に仮眠を取ることで、午後の作業の効率をアップしましょう!

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません

[文/構成:ココカラネクスト編集部]





西谷綾子(にしたに・あやこ)

ジュニア・アスリートフードマイスター、睡眠改善インストラクター

鳥取県生まれ。小学校3年生からバスケットボールをはじめ高校時代にはインターハイ出場している。
モデル・タレントの仕事を通してマラソンに出会い、フルマラソンの自己最高記録は3時間1分32秒と芸能界トップクラスの実力の持ち主。
現在は、保有資格を活かし、健康・美容のアドバイスなども行なう。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧