喫煙とお酒の飲み過ぎが重なるとがんのリスクは2倍?!

タグ: , , , 2021/7/29

[文:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 喫煙と飲酒、それぞれが身体に悪影響を及ぼす話はしてきましたが、2つが重なると一体どうなってしまうのでしょうか。

まず、タバコにはニトロソアミン、ヒ素、カドミウムといった発がん物質が約70種類含まれています。

このため、肺がん、咽頭・喉頭がん、胃がん、食道がんなど、さまざまな部位のがんの発症リスクを確実に高めます。

・今すぐ読みたい→
「喫煙」による金銭と時間の浪費について https://cocokara-next.com/fitness/waste-money-and-time-by-smoking/


タバコとがんの関係については、全がん、肺がん、肝がん、胃がん、食道がん、膵臓がん、子宮頸がん、頭頸部がん、膀胱がんの発症リスクが、最も高いリスクとなっています。

他の部位のがんについても、乳がんや大腸がんもリスクがあると考えられます。

つまりタバコは百害あって一利なしなのです。

そして飲酒について。

研究の結果から、飲酒量が多くなると、将来がんになりやすいことが明らかになっています。

飲酒量が1日2~3合の男性は、時々飲む人に比べて、がん発生率が1.4倍に、1日3合以上の人は1.6倍になっています。

そして、ここに喫煙が加わると、がんが発症するリスクがさらに高まるのです。

非喫煙者と喫煙者とでは大きな差があります。

「時々飲む」人を1としたときの相対リスクは、適量といわれる「1日1合未満」では非喫煙者が0.87であるのに対し、喫煙者は1.69と、この段階でも倍近い差が出ています。





「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧