ストレスとダイエットについて

タグ: , , , 2022/7/30

 大会の時ってどれくらいまで絞りますか?

当日体脂肪何%くらいですか?など質問がきますが、結論からいうと、出る団体にもよりますが、絞り切らない事には上位にいけないと思ってます。

その中でも僕が出ているサマスタは絞りが重要視されているので、まず絞りが甘いとダメかなとは思います!

減量は、日々自分との闘いです。

まずは、最後まで自分に負けずやりきる事が大切です!

【関連記事】筋トレ歴30年のベテランが伝授!初心者にオススメの肩トレーニングとは

 さて本題に移ります。

ダイエットにおいてやはり、食事に関して、好きな物食べれないなど、次第にストレスに変わっていきますよね!

<なぜストレスが良くないか?>
ストレスがたまるとコルチゾールというホルモンが出ます。
※コルチゾールとは、筋肉を分解してブドウ糖にかえ血糖値を上げます。

全て使われることがない為、行き場を失ったブドウ糖は内蔵脂肪に蓄えられます!
なので、辛い食事制限などで、ストレスを感じ続けると筋肉量が減り基礎代謝がどんどん低下していきます!

多少の我慢やストレスは、ダイエットをするにあたってつきものですが、少なからず軽減はできます。

僕は去年、過度なやり方で行なっていて、ストレスがものすごくきつかったのを覚えていて、今年は多少なりともストレスを軽減出来ないかと思い、ストレスフリー減量を自分の身体で試行錯誤しながらやっていきました!

今年の大会は、ひとまず終わりましたが、振り返ってみると特にストレスを感じず最後まで終えられ、目標にしてたストレスフリー減量は、成功したかなと思います。

来年の大会はまだはっきり決めてないですが、ベースの減量は変わらず、また色々実験をしていきたいと思います。

辛い食事制限をやって、ストレスを抱え込まず、しっかりと自分にあったやり方を見つけ、もちろん身体を引き締める、脂肪を落とす事は簡単な事ではないですが、その中でも楽しんで自分のペースで頑張ってみてください。

食事も運動も習慣にしよう!





[文:https://www.instagram.com/iso_taku/?hl=ja]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

【関連記事】「こむら返り」は体からの危険信号
【関連記事】生活習慣病の合併症に気を付けたい!糖尿病の予防でチェックすべきこと
【関連記事】まずは3キロ!2週間でダイエットを成功させるための4つの手順

いそ たく

パーソナルトレーナー

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧