【ゴルフ】捻転差をあげて飛距離をアップするストレッチの方法

タグ: , , , , 2022/8/4

[文:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]

トータルゴルフフィットネス トレーナーの菅原です。

今回のテーマは捻転差を上げるストレッチについてご紹介をさせていただきます。

ストレッチをご紹介する前に、そもそも捻転差とはどの動きのことを言うのか、なぜ捻転差は失われやすいのかをご説明します。

まず捻転差とは、バックスイング時に骨盤のラインに対して肩のラインがどれくらい回転しているかを捻転差と言います。

捻転差の角度を大きくし、捻転差のパワーをうまく使いこなす事によってヘッドスピードや飛距離アップを実現することが可能になります。

なぜこのとてもゴルフの動きに重要である捻転差が失われやすいのか説明します。

捻転差が失われやすい理由は、姿勢の問題により上半身の回転を作れなくなる事により捻転差が失われます。

そして、姿勢の問題の中で最大の原因が胸郭周りの柔軟性によるものです。

上半身の前面の筋肉の硬さにより猫背が誘発され、姿勢の悪さに影響し回旋運動に影響します。

胸郭周辺のコンディションを良くすることが捻転差を作る際にとても重要なポイントになります。

今回は胸郭まわりのエクササイズを中心に行い、捻転差を改善させていきましょう。

動画にてエクササイズのご紹介をしていますのでご覧ください。

【関連記事】【ゴルフスコア】90切りに必要なシンプルな事とは

道具を使わず、どなたでも簡単にできるストレッチの方法です。ぜひ、お試しください。

1種目目にご紹介するのは『背骨のエクササイズ』です。

1.四つ這いになります
2.身体全体を丸くします
3.身体全体を反ります
4.10往復行います

★ポイント
・背骨を大きく動かすイメージで行います
・腰に痛みがある方は痛みのない範囲で行ってください





「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧