腱板断裂(腱板損傷)という症状を知っていますか?

タグ: , , 2020/9/16

[文:オクノクリニック | モヤモヤ血管による慢性痛治療(https://okuno-y-clinic.com)]

Q:腱板断裂と診断されました。どんな病気ですか?

肩の安定性のために必要な筋肉の腱の集まりを肩腱板と呼んでいますが、その一部あるいはすべてが損傷されてしまい、上腕骨頭を関節の受け皿(肩甲骨関節窩)に安定して保持することができなくなるために、動作での鈍い痛みや就寝時の肩の痛みが生じてしまう病気です。腱板損傷とも呼ばれます。

頭上で腕を使う仕事やスポーツをする人に多く見られます。

多くの人はリハビリ治療で損傷していない筋肉の動きを改善させることで症状が緩和されます。それでも改善しない場合は手術などの選択肢もあり得ます。





Q:腱板とは何ですか?

腱板とは、肩関節を取り巻く四つの筋肉のグループ(棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋)の腱から構成される構造体で、上腕骨頭という腕の骨を肩甲骨の受け皿に保持しています。関節の回旋運動(大まかには棘上筋が外転運動,棘下筋と小円筋が外旋運動,肩甲下筋が内旋運動)に重要な役割を果たしています。

Q:腱板断裂ではどんな症状が出ますか?


腱板断裂の症状としては、

・肩の深い位置に感じる重い痛み

・寝ているときの痛み(特に損傷した方の肩を下にしたときに痛む)

・髪の毛に触れたり、背中を触ったりすることが痛くてできなくなる。

・上腕の筋力低下を伴い、繰り返し運動をしているとだるくなってくる。

などが挙げられます。

・今すぐ読みたい→
五十肩になってしまう原因の動作は毎日の○○?! https://cocokara-next.com/fitness/cause-of-frozen-shoulder/

Q:腱板断裂の原因は何ですか?どういう人がなりやすいですか?

スポーツや仕事での酷使などが原因となることが多いです。特に腕や手を頭よりも高い位置に挙げて繰り返し作業をする仕事やスポーツをする人に多く見られます。塗装業や大工さん、スポーツだと野球やテニスなどが挙げられます。

また、加齢によっても切れやすくなってしまいます。40歳以上の男性で右肩に好発し、60歳で1/4が、70歳では半数が断裂しているという報告もあります。

また、一度の外傷のみの原因で切れてしまうことがあり、この場合は早急な手術をして元に戻すことが望ましい場合もあります。

リスク因子(これがあると腱板損傷になりやすい)としては、

・加齢 特に40歳以上
・特定のスポーツ(野球、テニスなど)
・塗装業や大工さんなどの特定の職業
・遺伝的な要素(ご家族の方が腱板断裂になったことがあると、ご自身もなりやすい)

などが挙げられています。

Q:腱板断裂にはどんな種類がありますか?分類は?

断裂が全層におよぶ完全断裂と、全層には及んでいない不全断裂があります。不全(部分)断裂には、関節に近い方の関節面側の断裂と、遠い方の滑液包側の断裂とがあります。

MRIでの腱板断裂範囲による棘上筋という筋肉の脂肪変性の程度を分類したGoutallier分類があり、手術方法の選択につかわれます。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧