【ゴルフ】スライスをしないためにはコレをやれ!

タグ: , , , 2021/11/20

[文:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]


 トータルゴルフフィットネス ゴルフコーチの赤坂です。

ゴルファーのお悩みでとても質問の多い『スライス』について解説をさせて頂きます。

そもそも『スライス』になってしまう原因を知っていますか?

もちろんフェースが開いているということが大きな理由の一つです。

ではなぜフェースは開くのでしょうか?

フェースが開いてしまう原因は必ずどこかにあります。

フェースの向きだけを気にしてスライスを直すのではなく、フェースが開いてしまう原因を見つけてスライスの根本改善を行いましょう!

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

・今すぐ読みたい→
【シャロースイングの打ち方】飛距離アップは確実!3つのポイントを抑えて練習しよう! https://cocokara-next.com/fitness/shallowswing-3point/

まずは『スライスの仕組み』をお伝えします。

もともとゴルフクラブは開きやすい構造になっています。

開きやすい動きに対応できず、フェイスが開きながらスイングしてしまうことでスライスが起こってしまいます。

右にスライスすると、右拒絶反応が出て、

・自分のカラダを左に向ける
・クラブを右に行かないような軌道で振ろうとする

など様々な取り組みを自然と行なってしまっていると思われます。

コレらの取り組みはより『カット軌道(アウトサイドイン)』を誘発するスイングになってしまうのです。

カット軌道(アウトサイドイン)になり、

・フェースを開いたスイングをすると右方向に飛んでいってしまう
・フェースを閉じたスイングをすると左方向に飛んでいってしまう

望ましくない飛球になってしまいスライス地獄にハマってしまう方も少なくありません。

コレまでに説明させていただいたものがスライスの仕組みになります。

それではスライスを改善することができる練習方法をお伝えさせて頂きます!!





1.クラブの振り方

・右に振り抜く事を意識してください
 カット軌道から脱却するにはコレが最短です!
※右方向に触れるようになってきて、右にしか飛ばなくなってきたら『フェース面を閉じる』事を意識してみましょう。

フェース面を閉じる練習は
・右手での片手打ち練習です!
 右手打ちに慣れてきたら左手を軽く握る形にします。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧