肩の痛みの代表的な病気「五十肩」の症状とは

タグ: , 2021/9/20

[文:オクノクリニック | モヤモヤ血管による慢性痛治療(https://okuno-y-clinic.com)]

 肩の痛みの代表的な病気と言えば、五十肩です。

五十肩の症状にはこんなのがあります

・今すぐ読みたい→
腕があがらないほどの痛み「四・五十肩」になる本当の原因 https://cocokara-next.com/fitness/cause-of-frozen-shoulder-2/


・手が後ろに回らない
・つり革が持てない
・夜にジンジンと痛む
・反対の脇の下に手が届かない
・服を着替えるのが一苦労
・夜、痛みで目が覚める
・腕のほうもしびれる 痛みが走る

五十肩は別名を「肩関節周囲炎」といいます。

肩関節周囲炎は多くの人がかかる病気です。統計では全人口の2-3%がかかるとされています。

実は「肩関節周囲炎」と診断するには、いくつかの定義があり、その定義に当てはまる人が「2―3%」ということであって、世間一般に「五十肩」と呼ばれる状態の人はもっとたくさんいます。

どれくらいの人が「五十肩」で困っているかは統計のとりようがないので正確な数字はわかりませんが、みなさんの周りを見渡していただいても、多くの方が「五十肩」を経験していることがわかるでしょう。

この「五十肩」がなぜ痛いのかについても、原因が解明されていません。

一度かかると、平均で1年半から2年は痛みが続くと言われます。中には7年後にも35%の人に痛みが残るという報告もあります。

ですから、五十肩の痛みの原因を解明することは非常に重要なことなのがわかると思います。





[文:オクノクリニック | モヤモヤ血管による慢性痛治療(https://okuno-y-clinic.com)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 浅倉カンナ×並木月海オンライントークショー開催! RIZIN.31参戦後の浅倉カンナ選手や東京五輪銅メダリストの並木月海選手にオンラインで会える! イベント中はZOOMのチャット機能でいつでも質問できるのでより選手を身近に感じられます!

東京五輪女子ボクシング銅メダリスト並木月海選手と総合格闘家の浅倉カンナによる「最強ガールズ」オンライントークイベントをCoCoKARAnextで開催! ここでしか聞けない東京五輪の裏話やRIZINでの結果はもちろん 普段のインタビューでは聞けないプライベートなことまで! ZOOMのチャット機能でイベント中はいつでも質問可能! 司会者の方が代わりに質問してくれるのでより選手を身近に感じられます!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧