肩の痛みの代表的な病気「五十肩」の症状とは

タグ: , 2022/8/24

[文:オクノクリニック | モヤモヤ血管による慢性痛治療(https://okuno-y-clinic.com)]

 肩の痛みの代表的な病気と言えば、五十肩です。

五十肩の症状にはこんなのがあります

【関連記事】医者が考える「痛い」病気ワースト5





・手が後ろに回らない
・つり革が持てない
・夜にジンジンと痛む
・反対の脇の下に手が届かない
・服を着替えるのが一苦労
・夜、痛みで目が覚める
・腕のほうもしびれる 痛みが走る

五十肩は別名を「肩関節周囲炎」といいます。

肩関節周囲炎は多くの人がかかる病気です。統計では全人口の2-3%がかかるとされています。

実は「肩関節周囲炎」と診断するには、いくつかの定義があり、その定義に当てはまる人が「2―3%」ということであって、世間一般に「五十肩」と呼ばれる状態の人はもっとたくさんいます。

どれくらいの人が「五十肩」で困っているかは統計のとりようがないので正確な数字はわかりませんが、みなさんの周りを見渡していただいても、多くの方が「五十肩」を経験していることがわかるでしょう。

この「五十肩」がなぜ痛いのかについても、原因が解明されていません。

一度かかると、平均で1年半から2年は痛みが続くと言われます。中には7年後にも35%の人に痛みが残るという報告もあります。

ですから、五十肩の痛みの原因を解明することは非常に重要なことなのがわかると思います。

【関連記事】自覚症状が無くても尿は気づいてる。健康診断で早期発見・早期治療
【関連記事】突然の痛みで叩き起こされる…「夜中のこむら返り」のシグナルとは
【関連記事】へバーデン結節という症状をご存知ですか?

[文:オクノクリニック | モヤモヤ血管による慢性痛治療(https://okuno-y-clinic.com)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧