「不要な血管」は放っておくと良くない?

タグ: , 2022/7/24

[文:オクノクリニック | モヤモヤ血管による慢性痛治療(https://okuno-y-clinic.com)]

 これまで私はくり返し、「不要な血管は痛みの原因となる」と書いてきました。

でもそれだけにとどまりません。

不要な血管は、組織の強靭さを「弱めて」しまいます。

どういうことでしょうか?

【関連記事】CRPSという病気をご存知ですか?

上の写真を見てください。

これは正常なアキレス腱の断面図です。

正常なアキレス腱は、断面図を見るとわかるかもしれませんが、血管が非常に少ないです。

これは「たまたま少ない」のではありません。

なぜアキレス腱の中に血管が少ないかというと、アキレス腱の組織が能動的に血管を寄せ付けない物質を放出しているからです。

これらの「血管を寄せ付けないようにする物質」には調べられているだけでも次のようなものがあります。

Tenascin-C
Biglycan
Tenomodulin
Decorin
Endostatin





これらひとつひとつの名前は重要ではありませんが、重要なことはアキレス腱や、そのほかの腱も「血管が少ないのが正常な状態」ということです。

このような組織を「乏血管組織」と呼んでいます。

乏血管組織には「腱」のほかに、靭帯、軟骨、付着部、角膜、心臓弁などが挙げられます。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧