「不要な血管」は放っておくと良くない?

タグ: , 2020/10/4

[文:オクノクリニック | モヤモヤ血管による慢性痛治療(https://okuno-y-clinic.com)]

 これまで私はくり返し、「不要な血管は痛みの原因となる」と書いてきました。

でもそれだけにとどまりません。

不要な血管は、組織の強靭さを「弱めて」しまいます。

どういうことでしょうか?

・今すぐ読みたい→
五十肩になってしまう原因の動作は毎日の○○?! https://cocokara-next.com/fitness/cause-of-frozen-shoulder/


上の写真を見てください。

これは正常なアキレス腱の断面図です。

正常なアキレス腱は、断面図を見るとわかるかもしれませんが、血管が非常に少ないです。

これは「たまたま少ない」のではありません。

なぜアキレス腱の中に血管が少ないかというと、アキレス腱の組織が能動的に血管を寄せ付けない物質を放出しているからです。

これらの「血管を寄せ付けないようにする物質」には調べられているだけでも次のようなものがあります。

Tenascin-C
Biglycan
Tenomodulin
Decorin
Endostatin





これらひとつひとつの名前は重要ではありませんが、重要なことはアキレス腱や、そのほかの腱も「血管が少ないのが正常な状態」ということです。

このような組織を「乏血管組織」と呼んでいます。

乏血管組織には「腱」のほかに、靭帯、軟骨、付着部、角膜、心臓弁などが挙げられます。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧