その目の疲れ「VDT症候群」かも

タグ: , , 2021/6/22

 今やパソコンやスマートフォンなどのデジタル機器は、私たちの生活やビジネスにおいて欠かせないアイテムです。これらのディスプレイ作業(VDT作業)により、疲れ目や肩こりなどのVDT症候群の症状を訴える人が増えています。ここでは、VDT症候群の症状や予防・対策法をご紹介します。





・今すぐ読みたい→
CRPSという病気をご存知ですか? https://cocokara-next.com/fitness/do-you-know-the-disease-called-crps/

VDT症候群とは?


VDT症候群とは、スマホやパソコン、タブレットなどの画面表示装置(VDT:ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)を長時間同じ姿勢で見続けることで心身にさまざまな不調をもたらす症状をいいます。

VDT症候群になると、目の疲れや痛み、ドライアイ、かすみ目、視力低下といった目の症状だけでなく、腰痛、首や肩のこり、腕の痛み、背中の痛み、手指のしびれ、頭痛など、全身の症状をともなうことがあります。

さらに進行すると、イライラや不安、不眠、抑うつ状態などの心的不調につながるので早めの対処が必要です。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧