通勤時間を上手に使ってメリハリボディに!「ながらエクササイズ」4選

タグ: , , , 2022/11/18

 引き締まったボディに憧れるけど、シェイプアップのための運動時間がとれないという人も多いはず。ならば、通勤時間をエクササイズタイムに変えてしまいましょう!どうしても生じる移動時間を使うので、無理なく続けやすいはずですよ。

【関連記事】筋トレで「10回3セット」は本当に最適?筋トレ博士が徹底解説します!





意識を変えるだけでも効果ありの「ながらエクササイズ」

電車やバスでの「体幹エクササイズ」
 電車やバスの車内で立っているのも立派なエクササイズ。バランスを取るためにたくさんの筋肉が使われ、座っているよりもたくさんのカロリーを消費します。あえてつり革を利用せず、揺れる車内で体幹部全体(腹筋や背筋)を鍛えるのもおすすめです。
さらに、つり革や手すりにつかまってかかとの上げ下げをすれば、日常生活では鍛えにくいふくらはぎが刺激され、引き締め効果が期待できますよ。

つり革とカバンを使って「二の腕エクササイズ」
 手の平を上向きにして力こぶを作るようにカバンや雑誌を持ち、腕の前面に力を入れ、もう片方の手でつり革をつかんでバランスを保つようにします。バッグをかける位置が手首に近いほど負荷は大きく、肘に近いほど負荷は小さくなります。場所をとらずにこっそりできる腕のトレーニング方法です。

駅の階段で「下半身エクササイズ」
 駅の階段はカロリー消費のチャンスです。エレベーターやエスカレーターを使うのはやめ、階段を積極的に利用しましょう。このとき、太ももからお尻の筋肉を意識するのがポイント。
 太ももやお尻の筋肉は、カラダの中でも大きい筋肉なので、鍛えれば基礎代謝が増えて痩せやすくなります。また、大きな筋肉を鍛えるとシェイプアップ効果が出やすく、モチベーションのアップにもつながりやすくなります。

自転車通勤で「下半身エクササイズ」
 自転車をこぐことは、お腹やふくらはぎの引き締めに効果的な有酸素運動になります。
 お腹を引き締めるコツは、姿勢をよくして腹筋を意識すること。猫背にならないよう、サドルの高さを調整するのも忘れないでくださいね。
 ふくらはぎの引き締めには、ペダルのこぎ方を見直すのがおすすめ。土踏まず付近でペダルをこいでいる人は親指の付け根あたりでペダルをこぐようにすると、もっとふくらはぎの筋肉を使うことができますよ。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧