中年太りはなぜ起こる?40代のためのダイエット

タグ: , 2020/11/21

 懐かしい同窓会で久しぶりにあった友人が、お腹が出ていたり、二重あごになっていたりと、昔の面影とまったく違っていた・・・なんてことはありませんか?それは中年太りかもしれません。

中年太りとは、食事の量や生活習慣はとくに変わるわけでもないのに、40歳代頃からお腹や下半身などに脂肪がついて太りだすことを言います。

・今すぐ読みたい→
40代に入ると感じ始める「疲れやすい体」の正体とは? https://cocokara-next.com/lifestyle/true-character-of-a-body-that-tends-to-get-tired/

中年太りの原因


■基礎代謝が低下しているのに、食事量はそのまま
基礎代謝量(人間が生きていく為に最低限必要なエネルギー)は20代をピークにして減少し始め、年齢と共に少なくなります。昔と同じ食生活を過ごしていると、余剰のエネルギー分が蓄積され、自然と中年太りになっていきます。

■活動代謝の減少
若い頃に比べて、歩く時間が減ったり、自転車に乗らなくなったりと、意識的に活動する時間が減り、消費するエネルギーも減少します。

■女性はホルモンが影響
女性は出産や更年期などのエストロゲン分泌と大きく関わりがあり、エストロゲン分泌量が低下すると満腹中枢への伝達がうまくいかず、つい食べ過ぎてしまうことにより太っていきます。





「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧