「カロリーゼロ」は本当にゼロなの?

タグ: , 2022/7/17

 ダイエット中につい手に取りがちな「カロリーゼロ」商品。本当にゼロなのか疑問に思ったことはありませんか。実際はどうなのか、その真実に迫ります。

【関連記事】まずは3キロ!2週間でダイエットを成功させるための4つの手順





■「カロリーゼロ」の定義とは?

栄養成分表示において、カロリーゼロと謳うことができるのは「100gあたり(飲料の場合は100mLあたり)5kcal未満」のものだけです。カロリーゼロと表示されていても必ずしも0kcalというわけではなく、商品によっては少量のカロリーが含まれていることがあります。

普段何気なく使っているカロリーという言葉ですが「そもそもカロリーって何だっけ?」と思う方もいるかもしれません。カロリーとは熱量を表す単位で、1Lの水の温度を1℃上げるために必要なエネルギーが1kcal(1キロカロリー)となります。

摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、消費されなかったエネルギーが身体に蓄積されてしまい、肥満の原因になります。余分な脂肪や体重を減らすためには、摂取カロリーを減らす、もしくは消費カロリーを増やすことが必要です。

カロリーゼロとよく似た言葉に「カロリーオフ」がありますが、これは100gあたり40kcal以下(飲料の場合は100mLあたり20kcal以下)であることを表しています。この基準を満たせば、「低カロリー」「ライト」と表示することも可能です。

つまり、カロリーオフの表記がある清涼飲料水であっても、500mL飲めば100kcal摂取する可能性があるということですね。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧