頼りすぎてない?エナジードリンクを飲むときに気を付けること

タグ: , 2019/12/4

 コンビニやドラッグストアで良く見かけるようになったエナジードリンクですが、一度は飲んだことがある方も多いのではないでしょうか。ここ数年で売り上げが伸びている飲料で、特に男性や若年層に人気があるようです。疲れているとき、リフレッシュしたいとき、気合いを入れたいとき…など、エナジードリンクを飲む場面は様々なようです。今回はエナジードリンクの栄養、飲むときの注意点や、おすすめのリフレッシュ法について、あすけん栄養士が解説します。

・合わせて読みたい→
「毎日30分ランニング」のダイエット効果は?(https://cocokara-next.com/fitness/30-minutes-running-diet-effect/)

エナジードリンクとは?

エナジードリンクとは、法律などでの明確な定義・基準はなく、カフェインやアミノ酸、ビタミンなどの成分が入った炭酸飲料を称すことが多いとされています。(※1) 清涼飲料水ですので、栄養ドリンクなどと違い、「疲労回復」「滋養強壮」などの効果効能を表示することはできません。商品名として「エナジードリンク」「エナジー飲料」などと表示されています。

エナジードリンクの一般的な成分と効果


カフェイン
カフェインには適量摂ることで眠気を覚ます効果があることなどが知られています。
エナジードリンクは製品によってカフェイン濃度が異なりますが、コーヒーよりカフェインが多いものがあるため注意が必要です。

アミノ酸
主流のエネジードリンクにはアミノ酸の一種であるアルギニンが配合されているものが多いようです。アルギニンは成長ホルモンの分泌促進、免疫機能の向上、脂肪代謝の促進など、生体内で種々の機能に関与しています。

ビタミン
ビタミンB群が配合されているものが多く、製品によりビタミンBの種類や量に違いがあるようです。ビタミンB群はエネルギー代謝に関わるビタミンで、種類により糖質、タンパク質、脂質などの代謝に必要となります。

糖質
人工甘味料が使われているものもありますが、多くはブドウ糖が添加されています。ブドウ糖は吸収が速くエネルギー源になりやすく、また脳の唯一のエネルギー源として利用されます。ただし、下の注意点の通り、摂りすぎにはくれぐれも注意が必要です。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧