ニューノーマル時代を腕一本で生き抜く出張シェフという働き方

タグ: , , 2021/7/20

[文:食の専門家による出張料理サービス「シェアダイン」(https://sharedine.me/)]


 外出自粛やリモートワークの普及により生活の中心が家庭へと移り、自炊の機会が一気に増えるなど、消費者の生活は一変しました。

コロナ禍で飲食業界の雇用不安が広がる中、店舗に頼らないニューノーマルな働き方として「出張シェフ」が注目されています。

出張シェフサービスを運営する「シェアダイン」では、コロナ禍の影響が出る以前の2019年と比較すると、シェフの登録人数の増加ペースが約12倍に増えており、2021年以降は、毎月100名前後のシェフが新規登録しています。

コロナ禍をきっかけに出張シェフの活動を始めたシェフの中には、レストラン勤務の頃と比較して年収が2倍になったシェフや、年収1,000万円を目指せるようになってきたシェフが出てきています。

アフターコロナのニューノーマル時代到来をきっかけに、新しい働き方に挑戦している3名の出張シェフをご紹介します。





深沢絢シェフ

栄養士専門学校及び調理学校を卒業後、外資系ホテルやフレンチレストラン等で約10年間料理人として勤務。2021年1月にシェアダインに登録。

「以前に比べて30%ほど収入がアップしました。お客様にアウトプットでき、評価される場でもあるので技術の鍛錬になります。これからも出張シェフ1本でやっていきます。」

・今すぐ読みたい→
超一流の料理人が、店舗に頼らない「出張シェフ」を選ぶのはなぜか https://cocokara-next.com/lifestyle/catering-chef/

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧