そば湯の魅力とは?そばの栄養を丸ごと楽しもう

タグ: , , 2020/10/4

 そば湯は、文字通り「そばのゆで汁」です。そば屋では決まって湯桶(ゆとう)に入ったそば湯がついてきますが、これをつゆに加え割って飲む、というのがよくあるそば湯の楽しみ方。

 ここでは、知っているようで知らない、そば湯の風習・栄養・飲み方やアレンジをご紹介します。





そば湯の風習はどこから?


 そばの歴史は古く、縄文時代にまで遡ります。現在のような「そば切り」された麺状のものになったのは江戸中期。

 そば切りの起源は明らかになっていませんが、一説では江戸中期に信州(現在の長野県塩尻市内の宿場)で発祥し、周辺の地域に広まっていたとされています。

 日本三大そばとして有名な「戸隠そば」も長野県旧戸隠村一帯で作られています。

 そば湯を飲む風習も信州から江戸に広まったといわれています。

 そば粉のデンプンは消化吸収が早いため「消化が良くなり、お腹にもたれず、胃の調子が良くなる」と、そば湯が好まれるようになりました。

・今すぐ読みたい→
ダイエッターに!ちょい足しで栄養価アップの冷奴アレンジレシピ3つ https://cocokara-next.com/food_and_diet/cold-tofu-arrange-recipes/

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧