ハーブティーだけじゃない!料理に大活躍するハーブ6つ

タグ: , 2021/6/21

 香りの効果が期待されるハーブ。手軽な利用法としてハーブティーが有名ですが、実はいつものお料理をワンランクアップさせる食材として大活躍してくれます。

ハーブの種類別の効果と料理への活用法をご紹介します。

ハーブの効果・料理法


ローズマリー
青い花が美しいシソ科のローズマリーには、殺菌効果や血行促進の効果があるといわれています。香りが強く、肉や魚と一緒に調理すると風味がつき臭み消しにもなります。

ミント
メントールの爽やかな香りには抗菌効果や健胃効果、鎮静効果が期待できます。
お菓子の香りづけや、デザートの飾り、またはラム肉などのクセの強い肉料理のソースにもよく合います。

バジル
「ハーブの王様」と呼ばれ、爽やかな香りでサラダやドレッシング・炒め物・煮込み料理とオールマイティに使えるのが特徴です。香り成分は揮発性のため、お料理の最後に加えるとフレッシュな香りを楽しむことができます。

・今すぐ読みたい→
小麦を食べ続けることで起こる、「腸もれ」とは? ​https://cocokara-next.com/food_and_diet/leaky-gut-syndrome/





「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧