まるで食べる漢方薬?!カレーの健康効果がすごい!

タグ: , , , 2020/3/9

[記事提供:銀座血液検査ラボ -ketsuken-(https://ketsuken.jp/)]

 カレーに使われるスパイスの多くは、漢方薬と原料が共通しており、健康効果が期待できると言われています。

また、スパイスの香ばしい香りや、辛みで食欲増進も期待できそうです。





・今すぐ読みたい→
噂のアパホテル社長カレー、大ヒットの陰にあった「逃げない」精神 https://cocokara-next.com/motivation/apa-hotel-president-curry/

カレーによく使われるスパイスの特徴


ターメリック・・・黄色い色付けに欠かせないターメリックとは、皆さんもよくご存じの「ウコン」のこと。それに含まれる「クルクミン」は、肝機能を向上させ、コレストロール値の低下が期待されます。また、近年では脳機能活性化によりアルツハイマー病の予防にも効果があることが報告されています。

・認知症予防、または脳機能の活性化
・お酒をよく飲む方
・便秘でお悩みの方

にオススメです。

クミン・・・カレー特有の香りはこのスパイスから。消化器官に効果があり、消化促進の作用もあると言われています。

・胃腸が弱い人
・食欲不振の人

にオススメです。

コリアンダー・・・マイルドさとほんの少しの苦味も加わり、後味さっぱりのカレーに。古代より消化を助ける胃薬として利用され、食欲増進にも役立つと言われています。

・胃腸が弱い人
・食欲不振の人
・口臭が気になる方

にオススメです。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧