栄養とうまみが凝縮!干し野菜の秘密

タグ: , , 2020/2/22

 買ってきた野菜を使いきれずに腐らせてしまった経験はありませんか?そんなときは干し野菜がおすすめ。干し野菜とは、名前のとおり、日差しのもとで干した野菜のことです。食材を無駄にせずに済むだけでなく、栄養価とうまみがアップするなどのメリットがたくさんあります。

料理に幅広く使える干し野菜の作り方と簡単レシピをご紹介します。

・今すぐ読みたい→
10キロ痩せたい!1か月でダイエットを成功させるおすすめ方法4選(https://cocokara-next.com/food_and_diet/success-of-the-diet-in-one-month/)

■干し野菜のメリット


干し野菜には、生野菜にはない様々な魅力があります。具体的なメリットとして、以下のようなものがあげられます。

●保存性がアップする
干して水分を飛ばすことで、保存性がアップします。半乾燥の場合、冷蔵庫で1週間ほど、完全に乾燥させたものなら1ヶ月くらいは保存可能です。

●栄養価が高まる
水分が抜けるため、野菜本来のうまみや甘味が凝縮され、栄養価が高まります。例えば、干し野菜の代表として知られる切り干し大根の場合、生の状態と比べて鉄分は約3倍、植物繊維は約4倍、カルシウムは約5倍になるというデータがあります。

●カサが減ってたくさん食べられる
カサが減るので、生野菜よりもたくさん食べられます。野菜不足の解消に役立つでしょう。

●調理の手間が減る
時間があるときに干し野菜を作っておけば、下ごしらえの手間が省けて、時間調理が可能になります。





「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧