なすの種類と驚くべき効果効能

タグ: , 2022/8/30

 今回はなすについて書いていきます!

なすとは?

なすはナス科ナス属の淡色野菜です。

原産はインドで、日本には奈良時代に入ってきたと言われています。

実の90%以上が水分でナトリウムの排出を促す、カリウムを豊富に含んでいるのが特徴です。

トマトやきゅうりと並ぶ夏野菜として知られているように、旬は6~9月です。

しかし、秋(初秋~9月頃)に収穫されるなすは身がしまり、食感が良く味がしっかりしている傾向があります。

秋なすのおいしさを表現する言葉として、「秋なすは嫁に食わすな」という言い回しがあるほどです。

【関連記事】らっきょうの驚くべき効果効能





なすの品種・種類

・中長なす
中長なすは、もっとも流通している品種です。
長さは12~15cm、重さは70~110gほどで、長卵形なすとも呼ばれます。
皮と果肉が柔らかく、水分も適度に含んでいて調理に使いやすいのが特徴です。

・長なす
長なすは、大きさ20~30cmほどの品種です。
特に大きいサイズのものは大長なすと呼ばれています。
全国で栽培されていますが、特に九州地方で多く収穫されます。柔らかい果肉が特徴です。

・小なす
小なすは、大きさが3~8cmほどの小ぶりななすです。まん丸のものや、卵形のものがありります。
主に漬物用として栽培されている品種です。

・米なす
米なすは、アメリカやヨーロッパの品種を、栽培しやすいように日本国内で改良したなすです。
一般的ななすとの違いは、ヘタの色。
一般的ななすはヘタが濃い紫色なのに対し、米なすは緑色をしています。
果皮と果肉がしっかりしていて、煮崩れを起こしにくいなすです。

・水なす
水なすは、長卵形や卵形をしていて、比較的小さめな品種です。
皮と果肉が柔らかく、水分が多いのが特徴。
一般的ななすに比べてアクが少なく、生食に向いています。

・白なす
白なすは名前の通り、果皮が真っ白ななすです。
一般的ななすの皮が紫色をしているのはナスニンというアントシアニン系色素によるものですが、白なすにはそれが含まれていません。
eggplantという英語表記の由来となっているホワイトベルや、新潟県で長年栽培されている越後白なすが有名です。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧