いちごの効果効能とおいしい食べ方

タグ: , 2022/10/8

 赤く小さな粒をした「いちご」。旬は、年末から春先(5月頃まで)になります。一度皮をむいたり切ったりという手間が少ないため、簡単においしく食べることができ、カラダにうれしい栄養素がたくさん含まれています。

【関連記事】ゆる糖質制限中に食べるなら!果物をカシコクとり入れるコツ





いちごの栄養成分と効果

いちごのビタミンC含有量は、果物の中でもトップクラス。中くらいのいちごを7~8粒程度食べれば、1日に必要なビタミンC量を補うことができます。その他にも葉酸やカリウムが豊富に含まれています。

ビタミンC
ビタミンCは、コラーゲンの生成を助ける働きがあるので美肌効果を期待できます。また免疫力を高めるため、風邪の予防にも効果抜群です。

葉酸
葉酸は、赤血球の生成やタンパク質・DNAの合成をサポートします。発育促進に欠かせない栄養素です。

カリウム
カリウムは、多く摂りすぎたナトリウムを排出して体内の水分量を調節したり、血圧を安定させたりします。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧