なすの驚くべき効果効能

タグ: , , 2021/7/9

 なすは、代表的な夏野菜のひとつ。ですが、一方で「秋なすは嫁に食わすな」と言われたりすることも。実は、この言葉には、女性の健康を気遣う意味も含まれていたんです。なすの栄養成分と効果、おいしい食べ方についてご紹介します。

・今すぐ読みたい→
キクラゲの驚くべき効果効能 https://cocokara-next.com/food_and_diet/effect-efficacy-of-cloud-ear-mushroom/

なすの栄養成分と効果


ナスニン
なすは全体の90%以上が水分で、あまり栄養は期待できないと思われがち。しかし、カルシウムや鉄分などのビタミンやミネラルをバランスよく含んでいます。特に、皮には紫色のもとである「ナスニン」が含まれています。ナスニンは、強い抗酸化作用が期待できるポリフェノールの一種で、活性酸素を抑える働きがあり、細胞の老化を防ぐ効果も期待できます。

クロロゲン酸
なすにはアクが多く含まれているので、調理するときには水にさらすことが多いはず。でも、このアクはクロロゲン酸といって、抗酸化作用が期待できる栄養素です。クロロゲン酸は水溶性なので長時間水にさらしすぎないように気を付けましょう。





「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧