ピーマンの驚くべき効果効能とおいしい食べ方

タグ: , 2021/8/12

 独特の風味をもつピーマンは、抗酸化栄養素をたっぷりと含んだ野菜です。夏の紫外線対策や美肌作り・健康維持にぴったりの野菜です。生でも食べやすく、カラフルなものが増えているので、サラダの彩りとしてとり入れるのもおすすめです。

・今すぐ読みたい→
らっきょうの驚くべき効果効能 https://cocokara-next.com/food_and_diet/effect-efficacy-surprising-pickled-scallion/

ピーマンの栄養成分と効果


ビタミンA(β-カロテン)
ビタミンA(β-カロテン)は、優れた抗酸化力で、老化の原因となる活性酸素を取り除いてくれます。また、お肌のかさつきを防いだり、鼻やのどの粘膜を健やかにして、風邪などの病気からカラダを守る作用があります。

ビタミンC
ビタミンCは、コラーゲンの生成を助けるとともに、強い抗酸化作用をもちます。ストレスに対抗するホルモンをつくるのに不可欠で、免疫力アップに効果を発揮します。

ビタミンE
ビタミンEは、「若返りのビタミン」とも呼ばれ、細胞を老化させる活性酸素を除去するはたらきがあります。紫外線やストレスなどでダメージを受けた肌の回復には欠かせません。

また、ビタミンCと一緒にとることで、ビタミンEの抗酸化力がアップします。





ピーマンの種類

ピーマン
一般的に出回っているピーマン。独特の苦みとシャキシャキとした歯ごたえが特徴です。旬は夏ですが、年間を通じて手に入れることができます。

赤ピーマン
普通のピーマンを完熟させたもの。甘みが強く、ビタミンCやビタミンA(β-カロテン)が緑ピーマンよりも豊富です。また、赤ピーマンに含まれるカプサンチンという色素成分には、強い抗酸化作用があります。

パプリカ
肉厚で柔らかく、苦みが少ない種で、生で食べることができます。特に赤パプリカは緑ピーマンよりも栄養価が高く、ビタミンCは緑ピーマンの2倍、ビタミンEは5倍も多く含んでいます。赤色の他にも黄・オレンジ・紫・茶・白・黒とさまざまな種類があります。

フルーツピーマン
糖度が8度くらいある、甘みの強いピーマン。フルーツパプリカともいい、生で食べるのに向いています。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧