梨の驚くべき効果効能とおすすめの食べ方

タグ: , 2022/10/5

 日本で生産されている梨のほとんどが「日本なし」と言われる種類の梨で、幸水・豊水・二十世紀などさまざまな品種が作られています。独特のシャリシャリとした食感をもたらす不溶性食物繊維・果糖・タンパク質分解酵素なども含まれています。梨の栄養とその効果、おいしい食べ方についてご紹介します。

【関連記事】捨てる前に知りたかった!栄養豊富なアボカドの種、とっておきの活用方法





梨の栄養成分と効果

プロテアーゼ
タンパク質を分解する酵素。肉と梨を一緒に漬け込むと、肉を柔らかくすることができます。また、食後にデザートとして食べると消化を助けてくれるので、胃の負担を軽くする効果が期待できます。

アスパラギン酸
アスパラギン酸はアミノ酸の一種で、細胞にカリウムやマグネシウムなどのミネラルを運びます。また、体内でエネルギーを作り出すクエン酸回路に関与していています。疲労回復やスタミナアップに効果があるとされています。

カリウム
カリウムは必須ミネラルのひとつです。過剰なナトリウムを尿と一緒に体外へ排出させる作用があり、むくみや高血圧の予防と改善に役立ちます。

ソルビトール
ソルビトールは糖類のひとつです。砂糖に比べてやや低カロリーで甘さ控えめなのが特徴。水分を保持する性質があり、便を柔らかくしてお通じを改善する作用があります。

食物繊維
食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類がありますが、梨には不溶性食物繊維が多く含まれています。シャリシャリとした食感のもとになっているのは、不溶性食物繊維のリグニンとペントザン。胃や腸で水分を吸収して大きく膨らみ、腸を刺激してぜん動運動を活発にしてくれます。

梨の美味しい食べ方

カットしてそのまま食べると、食感と優しい甘みを堪能できます。冷やし過ぎると甘みを感じにくくなってしまうので、食べる2~3時間ほど前に冷蔵庫で冷やすのがおすすめです。ヨーグルトと合わせれば、便秘対策になります。

梨は、低カロリーで食欲の秋には嬉しい果物ですが、カラダを冷やす性質があるとされています。冷え性の人は食べ過ぎに注意してくださいね。

「あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

[文:あすけん 管理栄養士]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

【関連記事】切り干し大根の驚くべき効果効能

【関連記事】らっきょうの驚くべき効果効能

【関連記事】まずは3キロ!2週間でダイエットを成功させるための4つの手順

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧