梨の驚くべき効果効能とおすすめの食べ方

タグ: , 2021/9/12

 日本で生産されている梨のほとんどが「日本なし」と言われる種類の梨で、幸水・豊水・二十世紀などさまざまな品種が作られています。独特のシャリシャリとした食感をもたらす不溶性食物繊維・果糖・タンパク質分解酵素なども含まれています。梨の栄養とその効果、おいしい食べ方についてご紹介します。

・今すぐ読みたい→
捨てる前に知りたかった!栄養豊富なアボカドの種、とっておきの活用方法 https://cocokara-next.com/fitness/seed-of-nutrient-rich-avocado/

梨の栄養成分と効果


プロテアーゼ
タンパク質を分解する酵素。肉と梨を一緒に漬け込むと、肉を柔らかくすることができます。また、食後にデザートとして食べると消化を助けてくれるので、胃の負担を軽くする効果が期待できます。

アスパラギン酸
アスパラギン酸はアミノ酸の一種で、細胞にカリウムやマグネシウムなどのミネラルを運びます。また、体内でエネルギーを作り出すクエン酸回路に関与していています。疲労回復やスタミナアップに効果があるとされています。

カリウム
カリウムは必須ミネラルのひとつです。過剰なナトリウムを尿と一緒に体外へ排出させる作用があり、むくみや高血圧の予防と改善に役立ちます。

ソルビトール
ソルビトールは糖類のひとつです。砂糖に比べてやや低カロリーで甘さ控えめなのが特徴。水分を保持する性質があり、便を柔らかくしてお通じを改善する作用があります。

食物繊維
食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類がありますが、梨には不溶性食物繊維が多く含まれています。シャリシャリとした食感のもとになっているのは、不溶性食物繊維のリグニンとペントザン。胃や腸で水分を吸収して大きく膨らみ、腸を刺激してぜん動運動を活発にしてくれます。

梨の美味しい食べ方

カットしてそのまま食べると、食感と優しい甘みを堪能できます。冷やし過ぎると甘みを感じにくくなってしまうので、食べる2~3時間ほど前に冷蔵庫で冷やすのがおすすめです。ヨーグルトと合わせれば、便秘対策になります。

梨は、低カロリーで食欲の秋には嬉しい果物ですが、カラダを冷やす性質があるとされています。冷え性の人は食べ過ぎに注意してくださいね。





「あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

[監修:あすけん 管理栄養士]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧