パイナップルの驚くべき効果効能

タグ: , 2020/11/14

 甘酸っぱくジューシーなパイナップルは、手ごろな価格で年中手に入れることができます。私たちにとって身近な果物のひとつですが、どんな栄養素が含まれるか気になりますよね。

今回はパイナップルの持つ栄養とその効果、美味しい食べ方をご紹介します。

・今すぐ読みたい→
アボカドの驚くべき効果効能 https://cocokara-next.com/food_and_diet/effect-efficacy-surprising-avocado/





パイナップルの栄養と効果


生と缶詰の違い
缶詰のパイナップルは、生のパイナップルをシロップ漬けにして作られます。100gあたりの栄養素の違いは以下の通りです。

エネルギー/炭水化物/カリウム/ビタミンC

53kcal/13.7g/150mg/35mg
缶詰
84kcal/20.3g/120mg/7mg

缶詰はシロップ漬けにされるため、エネルギーや炭水化物は生のものより多くなり、ビタミンやミネラルは減ってしまうことがわかります。特にビタミンCは5分の1にまで減ってしまっています。

手軽に食べられる缶詰ですが、カロリーを抑えたい方や、ビタミンやミネラル補給をしたい方は、生のものをおすすめします。

ビタミンC
パイナップルのビタミンCは、バナナの2.2倍、りんごの8.8倍と豊富に含まれています。ビタミンCは、コラーゲンを生成したり、植物性食品からの鉄の吸収を高めたり、さらに免疫機能の働きにも関わるなど、さまざまな働きがあります。
8分の1切れ(約140g)にはビタミンCが49mg含まれ、1日に必要な量の約半分のビタミンCを摂ることができます。

カリウム
パイナップルに豊富に含まれるカリウムには、体内の水分バランスを調整する働きがあり、ナトリウムをカラダの外に出しやすくする作用があります。塩分の摂り過ぎを調節するのに役立ち、血圧を下げたり、むくみを予防したりする効果が期待できます。

ビタミンB1
ビタミンB1は糖質をエネルギーにかえる時に必要な栄養素です。不足すると、倦怠感・食欲不振・手足のしびれが症状の脚気という病気の原因や、疲労感の原因のひとつとなるとされています。糖質を多く摂ると必要量が高まりますが、パイナップルには糖質と一緒にビタミンB1も豊富に含まれるため、効率的に栄養素を摂ることができます。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧