レーズンの驚くべき効果効能

タグ: , , 2021/10/22

 ぶどうを干して作られるレーズンは、そのまま食べても、料理やお菓子作りに使ってもおいしく食べられます。自然な甘みがあり、手軽な間食にもぴったりです。今回はレーズンに含まれる栄養と効果、おいしい食べ方をご紹介します。

・今すぐ読みたい→
バナナを朝に食べる、シンプルなダイエット法
https://cocokara-next.com/fitness/banana-diet/





レーズンの栄養と効果


レーズンに含まれる栄養と期待される効果について解説します。

食物繊維
レーズンは皮のついたぶどうを干して作られるため、皮に含まれる食物繊維もそのまま摂ることができます。大さじ1杯(約12g)で0.5gの食物繊維が含まれます。

食物繊維は腸の中で善玉菌のエサとなり、腸内環境を整えてくれるのに役立ちます。腸内環境を整えることで、便通の改善だけでなく、免疫力を高めることや、がんの予防になることも知られています。ヨーグルトには、腸内で善玉菌として働く乳酸菌が含まれているため、ヨーグルトとレーズンを一緒に食べると、腸内環境を整えるのにぴったりの組み合わせになります。

カリウム
カリウムは余分なナトリウムを身体の外へ排出してくれる働きがあるため、高血圧の予防やむくみの解消に役立ちます。

カリウムは野菜や果物に含まれ、レーズンには大さじ1杯(約12g)では89㎎ほど含まれています。カリウムは多くの年代で不足しがちな栄養素のため(※1,2)、レーズンなどさまざまな食べ物から補給しましょう。


レーズン大さじ1杯(約12g)あたり、0.3㎎の鉄が含まれます。

鉄は貧血予防に欠かせない栄養素で、とくに生理のある女性や妊娠中の方は不足しやすい栄養素です。鉄が不足することで、貧血のほかにも、集中力の低下、頭痛、食欲不振、疲労感といった症状が起きる原因にもなります。

貧血は鉄不足が重度にならないと症状が現れないため、貧血になる前から鉄をしっかり補っておくことが大切です。

ポリフェノール
ぶどうの皮の部分には、アントシアニンというポリフェノールが含まれます。ポリフェノールには抗酸化作用があり、動脈硬化・がん・老化・免疫機能の低下の原因となる活性酸素を取りのぞいてくれる働きがあります。

レーズンは皮ごとぶどうを食べられるため、ポリフェノールの補給にぴったりです。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧